退職代行で辞められない失敗事例を紹介!原因やリスクも合わせて解説

退職代行のトラブル
この記事は約16分で読めます。

近年注目を集めている退職代行。ブラック企業勤めや、上司からのパワハラなどが原因で、「今すぐにでも辞めたい」という人の中には、退職代行の利用を検討中という方もいるのではないでしょうか。

しかし、退職利用を使ってみたいとは思うものの「辞められなかったらどうしよう」「トラブルに巻き込まれたくない」と利用を躊躇している人もいるかもしれません。

この記事では、その原因や失敗事例、退職代行を利用することで起こりうるトラブルについて徹底解説していきます。

サイト管理人
サイト管理人

退職代行のトラブルを回避する方法については、下記の記事で詳しく解説しているので、トラブルなく辞めたい方は、チェックしておいてください。

そもそも退職代行とは?

退職代行(たいしょくだいこう)とは、労働者に変わって会社に退職の申し出や手続きを行うサービスです。

2010年代後半からサービスを提供する業者が増え、テレビや新聞などメディアにも取り上げられ、20代30代の若い世代を中心に注目を増しています。

このようにサービスが認知され、利用者が増加するのと並行して多くの業者がサービスを提供するようになりました。現在では、100を超えるサービスが存在することから、中には質の悪いサービスもあり、多くのトラブルが発生しています。

「辞められない」というトラブルが起こることも

退職代行を利用したことで、下記のようなトラブルが起こる可能性があります。

  • 会社を辞められない
  • サービス利用後に出社を命じられる
  • 退職金やボーナスが出ない
  • 損害賠償を請求される
  • 懲戒解雇される

退職代行を利用した際、「辞められない」ということは法的に考えても原則起こり得ないことです。法律では、下記のように「2週間以上前の申し出で退職は可能」と規定されています。

民法 第627条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用元:電子政府の総合窓口 e-Gov

しかし稀に会社を辞められず、退職代行を利用したのにも関わらず辞められないトラブルが起こることもあります。

サイト管理人
サイト管理人

せっかく会社を辞めるためにお金を払って退職代行を利用したのに、「辞められなかった」という事態は避けたいですよね…。

きちんとした退職代行であれば、退職代行を通して退職の申し出をした後、有給消化などで退職日まで過ごすのが基本であり、出社する必要はありません。しかし、中には出社命令を断れず辞められなかったというケースもあります。

その他にも、通常では考えにくいですが、損害賠償を請求されたり、懲戒解雇されてしまうリスクもゼロではないので注意しておきましょう。

退職代行で辞められなかった人の声

本当に退職代行で辞められなかった人はいるのでしょうか?ここでは、退職代行を利用したのに「辞められなかった」という人のリアルな声を集めてみました。

退職代行で辞めれなかったという人の声をtwitter上で探してみましたが、退職代行を利用した本人の意見は、ほぼ見当たりませんでした。

先ほどご説明したとおり、「辞めたいのに辞められない」ということは考えにくいので、退職代行を利用したのにも関わらず、「辞められない」というケースは稀なことなのではないでしょうか。

もちろん、失敗談を口にし辛いということも考えられますが、「退職代行で辞められなかった」という人の数は、それほど多くないのかもしれません。

サイト管理人
サイト管理人

ただ、全ての人が同じ条件で辞められる訳ではなく、退職の申し出をしてもすぐには認められないケースもあります。そのことについては、次の項目で詳しく解説していきますね。

退職代行で辞められない原因

退職代行で辞めれないということは、基本的には考えにくいことです。なぜなら、労働者には退職の自由が法的に認められていますし、正社員など無期雇用の場合は、辞める2週間に退職の申し出をすれば良いとされているからです。

しかし例外として、退職が認められないケースもあります。退職代行で辞められないケースには、次のようなものがあります。

  • 公務員である
  • 契約社員や派遣社員有期雇用で働いている
  • 依頼者と会社間での金銭トラブル
  • 会社の人に説得された
  • 取り合ってもらえない

それぞれなぜ辞められないことがあるのか、具体的に解説していきますね。

公務員として働いている

役所職員や教員、自衛隊など公務員(国家公務員、地方公務員)の場合、民間企業とは退職の条件が違うため、公務員ならではの注意点があります。

一般的な民間企業に勤める会社員などは、民法627条で「2週間前までに申し出れば、退職できる」と規定されています。

ただし、公務員の場合は民間企業とは異なり、労働者からの退職の申し出をするだけでなく、上司から退職を承諾してもらわなくてはなりません。

国家公務員と地方公務員それぞれに関する法律があり、例えば、国家公務員法では次のように規定されています。

(休職、復職、退職及び免職)

国家公務員法 第61条 職員の休職、復職、退職及び免職は任命権者が、この法律及び人事院規則に従い、これを行う。

引用元:電子政府の総合窓口 e-Gov

つまり、公務員は職務上の義務として「法令および上司の命令に従う義務がある」ということ。民間企業の労働者とは異なり「いつでも」退職を申し出ることはできないのです。

サイト管理人
サイト管理人

しかし、自由に退職できないとは言え、退職自体を認めてもらえないわけではありません。上司と協議・調整しながら退職を進めて行くことになります。

公務員も退職代行を利用可能。ただし、今すぐには難しい可能性が
公務員も退職代行サービスを利用することができるのでしょうか?この記事ではそんな疑問にお答えしています。公務員と民間企業における退職の条件の違いや、公務員が退職代行を利用する際の注意点、トラブルなく辞められるおすすめの業者について解説します。

契約社員や派遣社員有期雇用で働いている

期間の定めのある契約社員や派遣社員、アルバイト、パートなどの有期雇用労働者は、契約期間中は自由に仕事を辞めることができません

契約期間が満了した時点で「退職」というのが基本です。

ただし、下記の条件を満たしている場合は、契約期間内であっても退職が認められます。

  • やむを得ない理由がある
  • 勤務開始から1年以上経過している
サイト管理人
サイト管理人

やむを得ない理由とは、「病気やケガが原因で働けなくなった」「労働条件に相違があった」「家族の介護が必要になった」「パワハラやセクハラに遭った」などです。

また、勤務開始から1年を経過している場合は、「いつでも」好きなタイミングで辞められます。

労働基準法による規定は下記のとおり。

労働基準法137条 期間の定めのある労働契約(一定の事業の完了に必要な期間を定めるものを除き、その期間が一年を超えるものに限る。)を締結した労働者(第十四条第一項各号に規定する労働者を除く。)は、労働基準法の一部を改正する法律(平成十五年法律第百四号)附則第三条に規定する措置が講じられるまでの間、民法第六百二十八条の規定にかかわらず、当該労働契約の期間の初日から一年を経過した日以後においては、その使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができる。

(引用元:電子政府の総合窓口 e-Gov
退職代行で有期雇用(派遣社員や契約社員等)も辞められる?!
有期雇用の人も退職代行で会社を辞めることは可能です。ただし、正社員など無期雇用とは違った注意点が。そこでこの記事では、有期雇用の人が退職代行を利用する際に気をつけておきたいポイントや、おすすめの退職代行サービスについて解説しています。
派遣社員は無期雇用か有期雇用かにより退職の条件が違う。退職代行はいずれも利用可能
派遣社員が退職代行を利用する際には、契約形態により条件がことなります。無期雇用であれば、退職の申し出から2週間後には退職可能ですが、有期雇用の場合は、1年以上の勤務経験または病気やパワハラなどの理由があるかで異なります。是非この記事を読んで派遣社員が退職代行を利用するための条件を確認しましょう。

依頼者と会社間での金銭トラブルがある

会社に退職を申し出たところ、「今辞めるなら退職金を支払わない」「出勤しないなら損害賠償を請求する」など、脅しをかけられるケースも。

そして、このような会社側からの反応を受けて、しぶしぶ会社に戻る人も少なからずいます。果たして退職代行を利用したからという理由で、退職金が不支給や減額になったり、損害賠償を請求されることはあるのでしょうか?

退職金の不支給や減額、損害賠償を請求される可能性があるのか、見ていきましょう。

退職金の不支給・減額になる?

給料や退職金など、働いた分の賃金を受け取るのは働く人に与えられた当然の権利です。退職代行で辞めたからというだけで退職金が不支給になるということは考えにくいでしょう。

ただし、退職金については、会社の規定で退職金制度があり、あなたが条件に当てはまっている場合のみ支払われます。

条件に当てはまっていない場合は、そもそも支払われることはないので、予め会社の就業規則などを確認しておきましょう。

サイト管理人
サイト管理人

支払われるべき退職金が支払われない場合は、労働基準相談所に相談することが可能です。相談することで、会社に対して指導を行なってくれる場合があります。

損害賠償を請求されることはある?

退職代行で会社を辞めるという理由だけで、損害賠償を請求されることはありません。

労働基準法では、下記のように労働契約を守れなかった労働者に対して違約金を定めたり、損害賠償についての契約を結びことを禁じています。

(賠償予定の禁止)

第十六条 使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

(参考:e-GOV法令検索 | 労働基準法)

ただし、社会人としてあるまじきひどいやめ方をしてしまった挙句、会社に対して損害を与えてしまった場合は、損害賠償を請求される可能性があります。

円満退職がしたいなら、無断欠勤は避け、自分がいなくても次の人や会社の人たちが困らないように引き継ぎ書を用意しておくなど、最低限会社に対して配慮しておくことが大切です。

サイト管理人
サイト管理人

もし逆の立場だったら、どのような配慮をして欲しいかイメージして、早め早めに退職の準備をしておきましょう。

退職代行で辞めたら会社から訴えられる?!損害賠償リスクは極めて低いがゼロではない
退職代行で辞めたいと思うものの、「訴えられたらどうしよう」と悩んではいませんか?この記事では、退職代行サービスで辞めると障害賠償を請求されるリスクはあるのかという疑問への回答と、あらゆるリスクを軽減する方法をあわせてご紹介します。

会社の人に説得された

退職代行を使って退職の届けをしてもらったものの、会社の人に説得されて辞められなかったというケースもあります。

退職代行では、基本的に会社に連絡する際「本人に連絡しないように」と伝えてくれますが、そのお願いを守らない会社も少なからずあるようです。

ただ、会社から引き止められたからといって応じる必要はありません。記事の中ですでにお伝えしているとおり、退職する2週間前に申し出をしていれば法的に問題なく退職できます。

サイト管理人
サイト管理人

強制在職は、法律でも禁じられているんですよ。

第五条 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

(参考:労働基準法 | e-GOV法令検索)
サイト管理人
サイト管理人

このように法律で決められていますから、いくら会社側が「退職を認めない」と言ってもそれに従う必要はないのです。

取り合ってもらえない

退職代行を利用する場合、基本的にはどのサービスも「退職届を郵送する」という方法で退職の申し出をします。

こうして退職届が会社に届いているのにも関わらず、

  • 退職届を受理しない
  • 退職届を破り捨ててしまう

このようなひどい対応をする会社もあるようです。

ただし、何度もお伝えしているとおり、退職する2週間前までに申し出をしていれば会社は辞められます。労働者が退職を表明したのであれば、会社側は認めざるを得ません

しかしながら、「退職届を提出していない」と主張されてしまう可能性もあるでしょう。そういった場合に備えて、退職届は必ず内容証明で送るようにしてください。

内容証明とは、「いつ、誰が誰宛てに、どのような内容の文書を送ったのか」を公的に証明できる郵便物のことです。

サイト管理人
サイト管理人

内容証明を使えば、郵便局が公的に「退職届を会社に郵送した」ということを証明してくれるので、「退職届を受け取っていない」との理由で引き止められるリスク避けれます。

【退職を拒否されたら】内容証明で会社に退職届を送ろう!退職代行で内容証明を使う際のポイントと注意点
会社から退職を拒否されたり、認めてもらえない場合は、内容証明郵便を使って退職届を送りましょう。内容証明を使えば、確実に退職できます。この記事では、内容証明を使うのがおすすめな理由、内容証明郵便で退職届を送る方法について解説します。

辞めたくても辞められない人は「退職代行で辞める!」がおすすめ

退職代行を利用した際、稀に「辞められなかった」というケースもあります。しかし、法律に則って退職手続きを進めていけば、必ず退職はできます。

ただし、退職代行サービス選びに失敗してしまうと、トラブルに巻き込まれてしまい、労働者側が会社に残る選択をする場合もあります。

退職代行のサービスの質は、千差万別。退職代行を利用する際は、必ず信頼できるサービスを選びましょう

サービス選びさえ間違わなければ、退職代行は失敗なく確実に会社を辞めれる方法です。

「辞めたくても辞められない」「パワハラ上司が怖くて辞められない」「強い引き止めに合って退職できない」という人こそ、プロの手を借りてすっぱり辞めることをおすすめします。

サイト管理人
サイト管理人

退職代行であれば、自分で退職の申し出や手続きをする必要がないので、精神的な負担を大きく減らして無理なく退職できますよ。

失敗しないための退職代行の選び方

退職代行で失敗を避けるには、退職代行選びが重要です。

最低限、以下のポイントを押さえておくと「辞められない」といったトラブルも防げます。

  • 弁護士か労働組合の退職代行を利用する
  • 最低でも弁護士監修のサービスを選ぶ
  • 公式サイトをしっかりチェックする

ぜひ、このポイントを押さえて信頼できる退職代行をチョイスしましょう。

弁護士か労働組合の退職代行を利用する

退職代行は主に3つの種類(一般業者、労働組合、弁護士)があります。それぞれ対応できる範囲が異なるので、目的に合わせて適切なところを選ぶようにしましょう。

退職代行の一般業者・労働組合・弁護士の違いを説明

損害賠償にまでトラブルが発展しそうな場合は、法律のプロである弁護士でなくては対応できません。

弁護士であれば、退職の申し出から交渉、裁判の対応まで退職に関する全ての業務を任せられますし、「弁護士に依頼したのに辞められなかった」ということは、まずあり得ないでしょう。

なおかつ、残業代請求や損害賠償請求を解決したいならば、業者を選ぶなら弁護士がベストです。

ただし弁護士に依頼する場合は、どうしても利用料金が高額になってしまいます。会社とさほど揉める心配もなく、少しでもリーズナブルな退職代行を選びたい場合は、労働組合の利用がおすすめです。

労働組合には団体交渉が認められていますから、会社と交渉しながらスムーズに退職手続きを進めることができます。

第二十八条 勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

(引用元:日本国憲法|電子政府の総合窓口 e-Gov¥)

弁護士はもちろんのこと、会社と交渉ができる労働組合であれば、非弁リスクを避けながら確実に辞めることができます。

退職代行は弁護士と業者どちらに依頼すべき?重要なポイント比較でわかりやすく解説
退職代行の利用を考える時、弁護士と業者どちらに依頼すべきか悩むことはありませんか?この記事では、弁護士とそれ意外のサービスの対応範囲の違いや料金相場について解説しています。これから退職代行を利用したい人は、ぜひ参考にしてみてください。
退職代行は労働組合のサービスが安心して利用できる!メリットや注意点を解説
この記事では、最近話題の労働組合(ユニオン)の退職代行の特徴や利用するメリット、利用上の注意点、おすすめのサービスを紹介しています。労働組合の退職代行の利用を検討している方はぜひご覧ください。

最低でも弁護士監修のサービスを選ぶ

トラブルなく確実に辞めたいなら、弁護士か労働組合の退職代行がおすすめですが、一般業者から選ぶ場合は、最低でも弁護士監修がされているサービスを選びましょう。

弁護士監修の退職代行であれば、弁護士がサービスを厳しくチェックしているので、非弁行為によるトラブルを避けられます。

公式サイトをしっかりチェックする

退職代行の多くは公式サイトを持っているので、申し込み前に必ずチェックするようにしましょう。

まともな退職代行業者であれば、必ず公式サイトがあります。そして、サイト内に代表者名や会社の所在地、連絡先などの情報が記載がされているはずです。

まずサイトのない退職代行サービスは完全に怪しいですし、サイトがあっても会社の所在地が分からないような業者は、信用できないので避けておきましょう。

サイトを確認する際は、「特定商取引法」もチェックしておいてください。特定商取引法とは、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

引用:特定商取引法とは | 特定商取引法ガイド

気になる退職代行が見つかったら、申し込み前に必ずサイトをチェックして、怪しい点がないかチェックしておきましょう。

失敗しない!おすすめの退職代行3選

最後に確実に辞められるおすすめの退職代行をご紹介します。全て労働組合のサービスなので、会社と交渉が可能です。

  • 残業代の請求をしてほしい
  • 有給消化について交渉をしてほしい
  • 退職日の交渉をしたい

など、様々な要望を聞いて会社と交渉して、希望通りの退職を叶えてくれるのが特徴です。

退職代行ユニオン

退職代行ネクストユニオンの正式名称は、退職代行toNEXTユニオン。優良な退職代行業者として注目を集めている合同労働組合(ユニオン)です。

労働組合が退職代行をしてくれるので、会社との交渉が可能。未払い給与・賃金の請求や、離職票の発行請求、有給休暇の交渉など幅広く対応してもらえます。

ネクストユニオンが提供するサービスは、次の通り。

退職代行サービス名男の退職代行
利用料金26,800円
総合評価4.1
確実性5.0
サポート満足度3.8
スピード満足度3.8
料金満足度3.8

料金(社員)¥26,800料金(アルバイト)¥19,800
対応可能時間24時間対応
※有人対応は平日土日営業時間内
支払方法銀行振込
クレジットカード
コンビニ決済
ペイパル
楽天ペイ
キャリア決済
追加料金なし相談方法Line
メールフォーム
全額返金保証〇あり相談回数の制限無制限
弁護士による代行×なし
※弁護士監修はされている
労働組合による代行〇あり
転職・再就職支援〇あり
総合転職エージェントと提携。
転職祝金〇あり
最大5万円(条件有)
退職代行実績3,500件以上運営会社退職代行toNEXTユニオン(ネクストユニオン)

サイト管理人
サイト管理人

「男の退職代行」は、当社が独自で調べた退職代行サービス利用ユーザーへの満足度調査で堂々のNo.1を獲得しました。20代と30代には非常に人気があり、男性でしたらまずおすすめしたいサービスの一つですね。

転職エージェントの紹介など転職活動支援も行っており、転職を機に収入アップも望めます。転職と並行して就活をしたい人にもおすすめのサービスです。費用も比較的に業界内ではやすく、メリットのあるサービスといえます。

女性には、同じ内容のサービスが受けれる女性が利用しやすい優良なサービス「わたしNEXT」がおすすめです。また、次の職場も辞める可能性がある場合は、退職代行のサブスク「ヤメホー」を検討してみると良いでしょう。

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチ

ニコイチは、退職代行実績17年の老舗の退職代行サービス。これまで30,000人以上もの退職代行を行なってきましたが、現在までの退職成功率は100%!確実に辞めさせてくれる安心感があります。

ニコイチ は労働組合や弁護士による代行ではありませんが、サービスの監修を弁護士が行なっているので非弁行為のリスクもありません。

LINEで相談問い合わせできるので、いろいろ相談しながら不安なく退職日まで過ごせます。

退職代行サービス名ニコイチ
利用料金27,000円
総合評価3.4
確実性4.0
サポート満足度3.4
スピード満足度3.0
料金満足度3.0

料金(社員)¥27,000料金(アルバイト)¥27,000
対応可能時間24時間対応
※有人対応は平日土日8時-18時
支払方法 ・銀行振込
・クレジットカード
・Apple Pay
・Google Pay
・PayPay
追加料金なし相談方法 ・電話
・Line
・メールフォーム
全額返金保証〇あり相談回数の制限無制限
弁護士による代行×なし
※弁護士監修はされている
労働組合による代行×なし
転職・再就職支援〇あり
総合転職エージェントと提携。
転職祝金〇あり
※詳細・条件不明
退職代行実績20,000件以上運営会社株式会社ニコイチ

サイト管理人
サイト管理人

ニコイチではクレジットカード払いや銀行振込のほか、PayPayやGoogleペイ、Apple Payでなど電子マネーの利用も可能。この支払い方法の豊富さも魅力です。

退職代行jobs

退職代行Jobs

退職代行jobsは、顧問弁護士の西前啓子氏による指導による適正な業務で、非弁行為リスクのない退職代行サービス。労働組合と連携しているため、会社との交渉が可能です。

24時間対応で、現金後払いにも対応。全額返金保証もあるので、新卒の人でも安心して利用できます。就職エージェントの紹介など就職活動のフォローや、引っ越しサポートなど、支援が手厚いのもポイントです。

退職代行サービス名退職代行Jobs
利用料金27,000~29,000円
総合評価3.9
確実性4.0
サポート満足度3.9
スピード満足度3.8
料金満足度3.9
料金(社員)シンプルプラン(退職代行のみ) 27,000円/安心パック(退職代行+労働組合)29,000円料金(アルバイト)シンプルプラン(退職代行のみ) 27,000円/安心パック(退職代行+労働組合)29,000円
対応可能時間24時間対応
※有人対応は平日土日7時-24時
支払方法銀行振込
クレジットカード
翌月払い(Paidy)
追加料金傷病手当金申請手続きサポートの場合は追加料金相談方法電話
Line
メールフォーム
全額返金保証〇あり相談回数の制限無制限
弁護士による代行×なし
※弁護士監修はされている
労働組合による代行×なし
転職・再就職支援〇あり
総合転職エージェントと提携。
※株式会社みらい人事
転職祝金〇あり
転職お祝い金で最大3万円キャッシュバック
退職代行実績非公開運営会社株式会社アイリス

 

ここまで、労働組合の退職代行のおすすめ3つご紹介していきました。労働組合の退職代行は、会社との交渉ができるなどサービス内容が充実していて、かつリーズナブルな価格が魅力です。

ただ、損害賠償を請求したり、逆に損害賠償を求められた際の対応をすることはできません。

サイト管理人
サイト管理人

会社との大きなトラブルが予想される場合は、労働問題を得意とする弁護士事務所の提供している退職代行サービスをご検討ください。

まとめ

ここまで退職代行で辞められない原因やリスクなどについて解説していきました。

退職代行で辞められないということは、基本的に考えられないことですが、退職代行サービス選びに失敗してしまうと、稀に辞められないケースもあります。

そのような事態を避けるためには、信頼できる退職代行選びが重要です。相談はどこも無料なので、気になるところがあれば、まずは気軽に問い合わせてみてください。