さらばユニオンは違法?労働組合の退職代行は合法かつメリットあり

おすすめの退職代行
この記事は約17分で読めます。

ここ数年利用者が急増している退職代行サービス。その中でも、合同労働組合「さらばユニオン(退職代行SARABA)」の知名度はさらに高くなっています。

人気の退職代行だから大丈夫だろうと思いつつ、「本当に違法性はないのだろうか…」と不安を感じる方もいるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、さらばユニオンの違法性について解説していきます。

サイト管理人
サイト管理人

先に結論を言ってしまうと、さらばユニオンに違法性はありません。その理由を記事の中で詳しく解説していくので、ぜひチェックしておいてくださいね。また、さらばユニオンが提供する退職代行SARABAの評判を詳しく知りたい場合は以下の記事も参考にしだくさい。

退職代行SARABAの評判と利用の注意点は?口コミや料金を解説!
「退職代行SARABA」の評判や口コミを解説!料金は24,000円と非常に安いだけでなく、労働組合運営のサービスなので安心して利用可能。24時間365日対応でスピーディーに即日退職できます。

そもそも労働組合とは

厚生労働省によると、労働組合は「労働者が主体となって自主的に労働条件の維持・改善や経済的地位の向上を目的として組織する団体」と定義されています。

引用:厚生労働省

つまり、労働組合は、組織で労働者が不当な解雇やリストラのない誠実な契約の維持、賃上げ、労働環境の改善などを目的とした組織です。

また、労働組合は、日本国憲法第28条によって、労働三権(団結権・団体交渉権・団体行動権)が保障されています。

  1. 団結権 | 労働者が労働組合を結成する権利
  2. 団体交渉権| 労働者が使用者(会社)と団体交渉する権利
  3. 団体行動権(争議権)| 労働者が要求実現のために団体で行動する権利

労働組合であるさらばユニオンには、会社側と交渉する権利があるため、会社側は労働組合からの交渉を拒否することができません

サイト管理人
サイト管理人

会社との交渉が認められている労働組合が退職代行を実行するので、法に触れることなく安心して利用できます。

労働組合の退職代行についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

さらばユニオンの概要

労働組合名退職代行SARABAユニオン
提供するサービス名退職代行SARABA
執行委員長岡本大輝

退職代行SARABAは、福岡県にある『株式会社スムリエ』が運営していますが、退職代行の実行は退職代行さらばユニオンが行っています。

さらばユニオンが違法と言われる理由は?

なぜ、さらばユニオンは安全に利用できるサービスであるのにもかかわらず、違法だと言われてしまうのでしょうか?

その理由として考えられるのは、大きく次の3つです。

  • 弁護士のみしか退職代行をしてはいけないと勘違いされている
  • 非弁行為をしていると勘違いされている
  • 労働組合が退職代行のために結成されていることに批判がある

上記3つの理由について、詳しく解説していきます。

弁護士のみしか退職代行をしてはいけないと勘違いされている

退職代行サービスへの批判の声には、「弁護士しか退職代行をしてはいけない」というものも時折目にします。

しかし法律上「退職代行は弁護士以外が行ってはならない」という規定はなく、退職の申入れの仕方についても具体的なルールもないので、弁護士以外の業者が退職代行をしても違法とはなりません。

サイト管理人
サイト管理人

正社員など期間の定めのない労働者の場合、「いつでも」解約の申入れができ、申入れから2週間で会社を辞めることができます。

会社の規定では「辞める1ヶ月以上前に規定の書面で申入れること」などと決められていることもありますが、法律の方が優先されるので、法律に則って手続きを行えば問題ありません。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

民法 第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:電子政府の総合窓口 e-Gov

SARABAをはじめとする退職代行サービスでは、退職代行業社から依頼者が退職する旨の連絡を入れますが、その後、本人が作成した退職届を会社に郵送します。

退職届を本人が作成し会社に提出することで、退職代行を通してはいるものの「本人の意思による退職である」と証明できます。

サイト管理人
サイト管理人

退職代行を利用することは違法ではありませんが、「弁護士でなければならないのでは?」と言われてしまう大きな原因として「非弁行為」が挙げられると思います。次の項目で非弁行為について説明していきますね。

非弁行為をしていると勘違いされている

批判的な意見の中でよく見かけるのが「非弁行為なのでは?」という意見です。

まず、非弁行為とは、弁護士資格を持たないものが、報酬を得る目的で弁護士にしかできない業務(法律事務)を行うことです。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)

弁護士法 第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用:電子政府の総合窓口 e-Gov

弁護士にしかできない業務(法律事務)には、次のようなものが該当します。

【非弁行為に該当する例】

  • 未払いになっていた残業代を請求した
  • 有給消化について会社と交渉した
  • 退職日の調整

一般の退職代行業者が、上記の業務をしてしまうと非弁行為になってしまいます。

その点、労働組合あれば、団体交渉が認められているので、未払いの残業代の請求や有給消化の交渉、退職代行の調査なども可能です。

サイト管理人
サイト管理人

つまり、さらばユニオンであれば、非弁リスクを避けて退職代行で会社を辞められるという訳ですね。

労働組合が退職代行のために結成されていることに批判がある

Twitterで退職代行について見てみると、退職代行のために労働組合を結成されていることに対する批判の声もありました。

批判する声があれば、公的的な意見も…。

退職代行は、まだまだ新しいサービスなので、専門家でも肯定派と否定派に分かれるようです。どのようなものでも新しいものは中々受け入れがたいもの。批判の声が出てくれるのも自然なことなのかもしれません。

さらばユニオン(SARABA)の批判している人のほとんどが、実際にはサービスを利用したことのない人達です。利用した人の体験談を見てみると、SARABAで辞めてよかったという声が多数を占めています。

退職代行を提供する業者の違い

退職代行を安全・安心に利用するには、退職代行サービス選びが重要です。退職代行には一般の退職代行業者・労働組合・弁護士と3タイプに分かれます。

退職代行で失敗しないためにも、サービス選びの際は、それぞれの違いを理解した上で適切なものを選ぶことが大切です。

退職代行の一般業者・労働組合・弁護士の違いを説明

退職代行の基本的なサービス内容

退職代行は、2010年代後半に登場したサービス。利用者の多くは、20代30代の若い世代で、年々利用者が増加しています。

退職代行の基本的なサービス内容は「依頼者の代理で会社に退職の申し出をすること」。その他に、依頼者と会社の間に入って、様々な退職に関する連絡を代行してくれます。

この退職代行の基本的なサービスは、一般の退職代行業者・労働組合・弁護士どの退職代行でも受けることが可能です。

一般の退職代行業者

一般の退職代行業社とは、労働組合でも弁護士でもない退職代行サービスのことです。交渉する権利を持たず、してもらえるのは基本的に「退職の申入れをする」ということのみ。

料金相場は、20,000円~50,000円程度。退職に関する連絡や、業者によっては転職サポート、引っ越しサポートを提供しているところもあります。

一般の退職代行業者がおすすめなのは、

  • すんなりと退職できそうな人
  • 交渉が必要ない人
  • 損害賠償の請求や裁判の対応などが必要ない人

このような人ですね。

サイト管理人
サイト管理人

一般の退職代行業者は、交渉ごとは一切受けることができません。すんなり退職を認めてくれそうな会社に勤めているようであれば問題なく利用できるでしょう。しかし、トラブルを避けて確実に辞めたいのであれば、労働組合か弁護士のサービスがおすすめです。

労働組合

労働組合の退職代行サービスは、団体交渉が認められているので会社との交渉が可能です。

料金相場は、だいたい20,000円~50,000円程度。一般の退職代行業社とほぼ同じです。会社と交渉ができることを考えると、コスパが良いと言えるでしょう。

労働組合の退職代行業者がおすすめなのは、次のような人です。

  • コスパの良い退職代行サービスを選びたい人
  • 会社との交渉を希望する人
  • 非弁リスクを避けたい人
サイト管理人
サイト管理人

訴訟問題まで発展しそうな場合は、弁護士に依頼した方が良いですが、退職代行で辞めたからという理由で損害賠償を求めたりする会社は稀です。基本的には、労働組合の退職代行を選んでおけば問題ありません。

弁護士

弁護士事務所の中には、退職代行サービスを提供しているところも存在します。

この場合、弁護士が直接退職代行をしてくれるので、非弁リスクがないのは当然のこと、訴訟など大きなトラブルに発展した際も対応してもらえるので安心です。

弁護士であれば全ての退職に関する手続きを任せられるので、最も安全で確実ですが、一般の退職代行や労働組合のサービスに比べて、料金は高めに設定されています。

例えば、弁護士の退職代行サービスとして有名な弁護士法人みやびの提供する退職代行の料金は、着手金として税込55,000円、残業代や退職金などを請求したい場合は、回収額の20%を支払わくてはなりません。

参考:弁護士法人みやび

さらに郵送料なども実費になるので、一般業社や労働組合に比べて2倍以上もの費用が必要です。弁護士に依頼する場合は、それなりにお金がかかることは理解しておきましょう。

弁護士の退職代行業者がおすすめなのは、次のような人です。

  • 料金が高くても安全で確実なサービスを選びたい人
  • 会社と大きなトラブルに発展しそうな人
  • パワハラやセクハラ被害に遭っており上司や会社を訴えたい人
サイト管理人
サイト管理人

弁護士でないと解決できそうにないケースはもちろんのこと、お金がたくさんかかっても良いから「最も確実な方法で辞めたい」という人には、弁護士の退職代行がおすすめです。

さらばユニオンの退職代行を利用するメリット

さらばユニオンの退職代行「SARABA」を利用するメリットは、大きく次の5つです。

  • 労働組合の退職代行なのに税込24,000円と格安!
  • 24時間365日対応で即日退職もOK!
  • 大手メディアにも取り上げられる注目度の高さ!
  • 成功率98%の有給消化サポートを無料で受けられる!
  • 全額返金保障付きで万が一の時も安心!

退職代行サービス名SARABA
利用料金24,000円
総合評価3.5
確実性4.0
サポート満足度3.5
スピード満足度3.6
料金満足度3.1

料金(社員)¥24,000料金(アルバイト)¥24,000
対応可能時間24時間対応※有人対応も含む支払方法銀行振込
クレジットカード
追加料金なし相談方法電話
Line
メールフォーム
全額返金保証〇あり相談回数の制限無制限
弁護士による代行×なし
※弁護士監修はされている
労働組合による代行〇あり
転職・再就職支援〇あり
※転職支援会社の紹介のみ
転職祝金×なし
退職代行実績6,500件以上運営会社株式会社スムリエ
(退職代行SARABAユニオン)

労働組合の退職代行なのに税込24,000円と格安!

退職代行サービスは、20,000円~50,000円ほどで利用できるところがほとんど。30,000円が相場となっています。

さらばユニオンが退職代行を行う「退職代行SARABA」の料金はというと、雇用形態を問わず一律24,000円(税込)です。

一般の退職代行業者でも30,000円程度の料金がかかることも珍しくない中、会社との交渉ができる労働組合で24,000円という価格は、かなりお得だと言えます。

サイト管理人
サイト管理人

コスパの良い退職代行サービスを探している人にとってSARABAは、大変おすすめのサービスだと言えますね。

24時間365日対応で即日退職もOK!

退職代行サービスの中には、営業時間が9時から18時まで、土日祝日は休みというところも少なくないですが、SARABAは、LINEや電話で24時間365日対応してくれます。

スピード感のある対応が好評で、申し込みをした翌日に退職することも可能です。即日対応を希望する場合、振り込んだことの分かるものの写真や画像をLINEで送ると確認次第すぐに対応してもらえます。

大手メディアにも取り上げられる注目度の高さ!

SARABAは、いち早く労働組合を結成した退職代行ということもあり、業界でも特に注目度の高い退職代行サービスです。

その注目度の高さから、「とくだね!」「梅沢富美男のズパッと聞きます!」「報道ステーション」「日経新聞」といった様々な大手メディアに取材された実績を持ちます。

退職代行SARABAメディア掲載実績
サイト管理人
サイト管理人

あまりにひどすぎるサービスであれば、名前を出して大々的に取り上げられることもないはず。つまり、SARABAは信頼できる退職代行という証でもありますね。

成功率98%の有給消化サポートを無料で受けられる!

SARABAは有給消化成功率98%と、退職代行業社トップクラスの成功率を誇ります。これまで多くの人の有給取得をサポートしてきた実績があるので、ほぼ確実に有給取得ができるでしょう。

「退職日まで有給消化をしながら過ごしたい」「残っている有給を全部使い切りたい」という人は、ぜひSARABAに頼ってみてください。

全額返金保障付きで万が一の時も安心!

「退職代行で退職に失敗したらどうしよう」「万が一失敗したらお金は戻ってくるのだろうか」と、退職代行の利用に不安を感じる方も少なくないでしょう。

数万円支払ったのに「会社を辞められず、ただお金を失っただけだった」という事態は避けたいですよね。

返金されるかされないかは退職代行サービスごとに異なりますが、SARABAは万が一退職に失敗した場合、全額返金してくれます。

ただし、全額返金してもらうには以下の通り条件があり、条件を満たしていない場合は、全額返金されないのでご注意ください。

万が一、退職できなければ全額返金致しますが、依頼者都合、委任契約、委託契約、請負契約は全額返金はできません。予めご了承ください。

(引用:退職代行SARABA
サイト管理人
サイト管理人

つまり、正社員やパート・アルバイトといった企業などに雇用されている人が SARABAに退職代行してもらったにもかかわらず、会社を辞められなかった場合は全額返金されるということになります。

当然ながら「退職代行で辞めることを諦めた」「退職自体を辞めた」など、自分都合で辞められなかった場合は、全額返金の対象とはならないので注意しておきましょう。

労働組合の退職代行の比較

ここでは、代表的な労働組合の退職代行3社(さらばユニオン・ネクストユニオン・退職代行jobs)を比較していきます。

同じ労働組合の退職代行サービスとはいっても、それぞれ特徴があり、料金や受けられるサービスに違いがありますので、比較した上で自分に合ったサービスを選んでみてください。

さらばユニオン(退職代行SARABA)

退職代行SARABA

退職代行SARABAは、『株式会社スムリエ』が運営していますが、退職代行の実行はさらばユニオンが行っています。

料金は雇用形態を問わず一律24,000円。追加料金もなく、シンプルでリーズナブルな利用しやすい料金設定です。

24時間365日問い合わせ・相談を受け付けており、利用した人の多くが「スピード感のある対応だった」と評価しています。

無料転職サポート付きなので、退職手続きと並行して就職活動をしたい人にもおすすめのサービスです。

ネクストユニオン(男の退職代行・わたしNEXT・ヤメホー)

男の退職代行とわたしNEXT、サブスク式のヤメホーを運営しているのは、『toNEXTドットジェイピー』、退職代行の実行はネクストユニオンが行っています。

ネクストユニオン(正式名称は退職代行toNEXTユニオン)の退職代行サービスには、男の退職代行とわたしNEXT、サブスク式のヤメホーがありますが、ここでは男の退職代行を例に紹介していきます。

男の退職代行の料金は、アルバイトが19,800円、正社員が26,800円、追加料金は発生しません。

サービスの特徴は、男性専門ということ(わたしNEXTは女性専門)。男性特有の職場での悩みを理解した上で適切なサポートを受けられるのが強みです。

その他に、JRAA認定「特級認定」取得、後払いやPayPayなど支払い方法が豊富という特徴があります。

退職代行Jobs

退職代行Jobs

退職代行Jobsを運営する『株式会社アレス』は、『合同労働組合ユニオンジャパン』と連携し退職代行を実行しています。

さらばユニオンとネクストユニオンは、自社で合同労働組合を結成していますが、退職代行Jobsは合同労働組合と連携という形を取っている点に違いがありますね。

料金は、退職代行のみだと27,000円、労働組合に加入し会社との交渉を希望する場合は、29,000円となります。

退職代Jobsは、後払いが可能。引っ越しサポートも行っているので、社員寮で暮らしている方など、退職に伴い引っ越しする必要がある方は、相談してみると良いでしょう。

さらばユニオン・ネクストユニオン・退職代行jobsを比較

さらばユニオン・ネクストユニオン・退職代行jobsの違いを表にまとめてみました。

退職代行業社料金特徴
さらばユニオン(SARABA)一律24,000円(税込)
※追加料金なし
・24時間365日スピード感ある対応を受けられる
・正社員の料金が格安
・無料転職サポート付き
ネクストユニオン(男の退職代行)アルバイト:19,800円 社員:26,800円 ※追加料金なし・男性専門
・JRAA認定「特級認定」取得
・後払いやPayPayなど支払い方法が豊富
退職代行jobs(合同労働組合ユニオンジャパンと連携)
退職代行のみ27,000円 安心パックプラン(退職代行+労働組合)29,000円・弁護士監修×労働組合
・後払いOK
・引っ越しサポート

正社員の料金が最も安いのは「さらばユニオン(SARABA)」、アルバイトは「ネクストユニオン(男の退職代行)でした。

サイト管理人
サイト管理人

リーズナブルでサービス内容の充実したコスパの良いサービスを利用したい正社員の方には、さらばユニオン(SARABA)がおすすめです。

転職エージェントの紹介をしてくれるので、転職活動・就職活動を考えている人は活用してみてはいかがでしょうか。年収アップを狙うことも十分に可能です。

後払いがしたい人は、ネクストユニオンの男の退職代行か退職代行Jobsを利用すると良いでしょう。

退職代行よくある質問(Q &A)

最後に、退職代行に関するよくある質問にお答えします。

本当に退職できますか?

サイト管理人
サイト管理人

はい、退職は可能です。まず、労働者には「退職の自由」があります。そのため、退職を希望する労働者は自由に退職することが可能で、退職の申し出から2週間が経過すると雇用関係は終了(=退職)します。

即日退職は本当に可能なの?

サイト管理人
サイト管理人

退職代行に申し込んだ翌日から有給消化をすれば、実質的な即日退職が可能です。有給消化は労働者に与えられた権利なので、だいたいの会社はすんなり取得を認めれくれます。

万が一会社が有給消化を認めれくれない場合も、SARABAのような労働組合の退職代行であれば、取得できるよう交渉してくれるので安心です。

労働組合の退職代行の利用後、組合を抜けられますか?

サイト管理人
サイト管理人

労働組合の退職代行を利用する場合、労働組合に加入することになりますが、退職完了後はすぐに脱退可能です。

SARABAの公式サイトでは、「退職したらすぐに組合を抜けられますか?」という質問に対して「はい、退職が完了すればすぐに脱退することができます。」と回答しています。

まとめ | さらばユニオンに違法性はなく安心して利用できる!

今回はさらばユニオンに違法性がないのか徹底解説してきました。その結果、さらばユニオン(SARABA)には違法性がなく、安心して利用できることがわかりました。

労働組合であるさらばユニオンが退職代行を実行するので、

  • 会社に退職を拒否された場合に交渉できる
  • 会社に未払い賃金(残業代など)を請求できる
  • 退職日の調整ができる

といった強みがあります。

中でもさらばユニオン(SARABA)は、

  • 正社員の料金が24,000円と格安
  • スピード感のある対応で即日退職が可能
  • 全額返金保障付きで万が一の際も安心

など、様々なメリットがありコスパ抜群の退職代行です。

さらばユニオン(SARABA)が気になった方は、LINEからでも無料相談を受け付けているので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。