パワハラで退職するなら会社都合?自己都合?退職する前に準備しておこう

退職代行の基礎知識
この記事は約18分で読めます。

働く人の中には「上司からのパワハラがひどくて離職したい」と考える人も少なくないでしょう。パワハラで辞める場合は、できれば優位となる会社都合退職で辞めるのがおすすめです。

この記事では、自己都合退職と会社都合退職の違いや、円満にパワハラ退職をするためのポイントを解説します。

サイト管理人
サイト管理人

パワハラで退職を考えている人にとって、有利となる情報をお伝えしますので、ぜひ目を通しておいてくださいね。

パワハラとは?

パワハラとは、同じ職場内で職務上の地位や人間関係などの優位性を利用し、業務の適性な範囲を超えて身体的・精神的な苦痛や就業環境を悪化させる行為のことです。

サイト管理人
サイト管理人

パワハラと聞くと、上司から部下に行われるものという認識が一般的ですが、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対してなど、様々な優位性を背景に行われるものも含まれます。

パワハラの具体例

パワハラは、大きく分けると次の6つに分類されます。

  1. 身体的な攻撃
  2. 精神的な攻撃
  3. 人間関係からの切り離し
  4. 過大な要求
  5. 過小な要求
  6. 個の侵害

それぞれ具体例を挙げながら、解説していきます。

身体的な攻撃(暴行・傷害)

「身体的な攻撃」とは、体に危害を加える行為のことです。

【身体的な攻撃の例】

  • 部下への指導の際、相手を叩いたり殴ったりする
  • ミスが絶えない後輩に物を投げつける
  • わざとぶつかったり蹴ったりする

このように同じ職場内の相手の体に危害を加える行為や、物を投げつけるような行為は「身体的な攻撃」と見なされます。

職場で先輩たちが後輩に暴力をふるっています。後輩が頼まれた仕事が遅かったり、先輩からの言いつけを守らないと殴られたりかなりの力でビンタされたり蹴られたりしています。

引用:ヤフー知恵袋 |ID非公開さん

精神的な攻撃(脅迫・暴言等)

「精神的な攻撃」とは、ひどい暴言、侮辱、脅迫や名誉毀損など精神的な危害を加える行為のことです。

【精神的な攻撃の例】

  • 部署全員の目の前で、「給料泥棒」などと暴言を吐かれる
  • 何かにつけ「無能だ」「だからダメなんだ」などと言われる
  • ミスをする度に人格を否定するような侮辱的な言葉を浴びせられる

精神的な攻撃は、直接的な言葉だけでなく、メールやLINE、SNSなどによる攻撃も含まれます。

最近言われたことは、「お前は、無能で、人間以下だから人間やめろ」「来週からお前の机と椅子はないから」など長い時は1日3時間も言われ続けます。言い返したくても怖くて言い返すことができません。

引用:ヤフー知恵袋 | iwt********さん

人間関係からの切り離し(仲間外し・無視・隔離)

「人間関係からの切り離し」とは、意図的に仲間外れにしたり、無視や隔離をするケースのことです。

【人間関係からの切り離しの例】

  • 回覧物や全員に共有されるべき情報が自分にだけ回ってこない
  • 忘年会や送別会など、全員参加のイベントに1人だけ呼ばれない
  • 同僚との関係が悪化し、陰口を言われたことで集団で無視される

人間関係からの切り離しは、一見パワハラではないように思われがちです。しかし、意図的に仲間から外したり無視したりする行為は立派なパワハラです。

雑談がうるさい古株の同僚がおり、電話がなっても気付かず、半年程我慢していましたが、注意してしまいました。それから無視から始まり、陰湿な嫌がらせが始まりました。会社は私を離れの物置に席を移し、皆がいるオフィスへの立ち入りを禁止しました。会社に理由を聞きましたが、私の為(雑談もなく仕事に集中できる)でもあり、みんなの為の措置だといいます。

引用:ヤフー知恵袋 | ID非公開さん

過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)

過大な要求」とは、明らかに業務上1人では遂行不可能なことを強制することを意味します。達成できない場合、暴言を吐いたり暴力をふるうなど他のタイプのパワハラとも併発するケースが多いのが特徴です。

【過大な要求の例】

  • 時間内では終わらない量の業務を与え「終わるまで帰るな」と命じる
  • 過度な業務を割り振り、残業や休日出勤を強要する
  • 他の従業員が担当するはずの業務を、特定の社員に割り振る

このようなことを要求された場合は、過大な要求と判断されます。

営業職で売上ノルマが出来ていないときは激しく詰められます。結局でる答えは休日返上して営業するということになります。ノルマができていないほうが悪いと休日出勤はサービス出勤扱いにされます。

引用:ヤフー知恵袋 | ID非公開さん

過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)

「過小な要求」とは、本人の能力や経験、許容範囲をかけ離れた低いレベルの仕事を与えたり与えなかったりする行為です。

【過小な要求の例】

  • 専門職として採用されたのに、雑務しか割り振らない
  • 全く仕事を与えてもらえず、ただ時間が過ぎるのを待っている
  • 経験と相応しくない単純作業だけを命じられた

ただ、過大な要求・過小の場合は、上司がうっかり支持している可能性もあります。不当だと感じたら率直な意見を伝えることが大切です。

私だけ重要な仕事を与えない、過小な要求です。

 上司から「あなたには仕事を教えませんし、任せません。」とはっきり言われました。

 ずっと我慢をしてきたのにそんなことを言われ、気持ちの糸が切れてしまい、職場で大泣きしてしまいました。 そのことで、望んでない配置転換をされた上に、さらに上の上司からカウンセリングを勧めるなど、精神病扱いを受けています。

引用:ヤフー知恵袋 | ID非公開さん

個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

「個の侵害」とは、社員個人のプライベートに踏み込んだ発言をすることを意味します。

例えば、

  • 恋人の有無や家庭環境など、個人的な情報を執拗に聞き出そうとする
  • 就業時間外に業務と無関係な電話やメールをしてきて対応を強いる
  • 休日開催の会社の行事への参加を強要する

上司どいえども業務上の関係であり、プライベートにまで立ち入ることは許されません。上記のようなことをされたら、個の侵害と判断されます。

上司のプライベートへの干渉が酷いです。

例としては保険・生活費の見直しをしてやるからそれが分かる物を見せろと言ってくる、休みの日に何をしていたかを細かく聞いてくる、電話やLINEの履歴を見せろと言ってくる、子供が欲しい人に対しては夫婦の営みはどうかや不妊治療するべきなど色々と突っ込んでくる。。。。

これってハラスメントやプライベートの侵害ですよね?

引用:ヤフー知恵袋 | aoiさん
事務職<br>20代女性
事務職
20代女性

パワハラには、様々なケースがあるんですね。

サイト管理人
サイト管理人

自分で判断するのが難しいこともあると思うので、そういった場合は労働基準監督署やみんなの人権110番など、外部の機関に相談してみると良いでしょう。

パラハラ退職は「会社都合退職」にしたい

パワハラで辞める場合、自分の都合だから「自己都合退職」だろうと思う人もいるかもしれません。しかし、パワハラなど労働者の責任に依らない退職の場合は、会社都合退職が可能です。

自己都合退職よりも会社都合退職の方が、労働者にとってメリットが多いため、パワハラによる退職の場合は、できる限り会社都合退職としたいものです。

自己都合退職と会社都合退職の違い

事務職<br>20代女性
事務職
20代女性

「自己都合退職」と「会社都合退職」の違いが今ひとつ分かりません…。

サイト管理人
サイト管理人

確かに分かりづらいかもしれませんね。それぞれの違いをまとめると以下の通りです。


自己都合退職(自主退職)会社都合退職
内容・労働者側の都合による退職(転職、結婚、介護、転居、病気など)
・労働者が雇い主に退職の意向を伝え辞めること
・履歴書には「自己都合により退職」と記載。
・会社側の都合による退職(倒産、人員削減、退職勧奨、解雇
・会社側に問題があった場合の退職(賃金の未払い、賃金の大幅なカット、過度な長時間労働、パワハラやセクハラなど)
・履歴書には「会社都合により退職」と記載。
種類・依願退職 
・辞職 
・懲戒解雇
・論旨解雇
・整理解雇 
・希望退職
・退職勧奨に応じて行う退職

自己都合退職

自己都合退職とは、その名の通り「自分の都合による退職」です。転職・結婚・介護・転居・病気療養のための退職などが、自己都合退職に該当します。

会社都合退職

会社都合退職は、会社の倒産や業績悪化に伴う人員の整理、希望退職や退職勧奨に応じた場合など、「会社側の都合による退職」が一般的です。

さらに、パワハラやセクハラなどのハラスメント被害など、労働者が「辞めざるを得ない」と判断し、その正当性が認められる場合も会社都合退職となります。

サイト管理人
サイト管理人

離職する際に、退職理由を「自己都合退職」としてしまった場合も、ハローワーク に相談してパワハラが理由だと認められると「会社都合退職」に変更可能です。相談する際に、パワハラの証拠を証明できる資料があると変更が通りやすくなりますよ。

会社都合退職のメリットは「失業保険を受ける際に優遇されること」

会社都合退職とする最大のメリットは、失業保険を受ける際に様々な面で通遇されることです。

失業保険(雇用保険の基本手当)とは、失業中の生活を心配しないで求職し、1日も早く再就職できるよう給付される給付金のことです。会社で雇用保険に加入し、受給条件を満たしていれば受給できます。

サイト管理人
サイト管理人

自己都合と会社都合の条件の違いは、下記の通りです。

【自己都合退職】

  • 支給条件(離職前の以前2年間のうち被保険者期間が通算12ヶ月以上あること)
  • 支給時期(待機期間7日+給付制限2カ月)


被保険者期間

10年未満10年以上20年未満20年以上
65歳未満90日120日150日

【会社都合退職】

  • 支給条件(離職前の1年間に通算して6ヶ月以上あること)
  • 支給時期(待機期間7日のみ)



被保険者期間


1年未満1年以上5年未満5年以上10年未満10年以上20年未満20年以上
30歳未満90日90日120日180日_
30歳以上35歳未満90日120日180日210日240日
35歳以上45歳未満90日150日180日240日270日
45歳以上60歳未満90日180日240日270日330日
60歳以上65歳未満90日150日180日210日240日

自己都合退職で失業保険を受け取るには、離職までの2年間に雇用保険に加入していた期間が12ヶ月以上必要です。そして受給までに待機期間が7日、その後給付金を受け取れない2ヶ月の給付制限があります。

一方の会社都合の場合は、離職前の1年間に通算して6ヶ月以上加入期間あればOKです。そして「給付制限期間」はなく、待機期間7日が経過したらすぐに給付金が支払われます

また、自己都合では給付期間が「90日~150日」となりますが、会社都合の場合は、支給期間が「90日~330日」と長くなります

サイト管理人
サイト管理人

つまり、支給される失業保険の総額が会社都合の方が多くなるという訳です。

事務職<br>20代女性
事務職
20代女性

こんなに条件が違うなら、会社都合にしないともったいないですね。

会社都合でパワハラ退職するには?

ここでは、会社都合でパワハラ退職する際に準備しておきたいことや、退職の進め方、退職後の手続きなどを一挙にご紹介します。

スムーズに離職したい方は、必ずチェックしておきましょう。

退職までの事前準備は何をするか?

パワハラで辞める時は、パワハラの実態を証明するために必ず証拠集めをしておきましょう。曖昧な証拠しかないと訴訟などに発展した場合、水掛け論になり労働者側が不利になる可能性があります。

サイト管理人
サイト管理人

証拠を残しておくためには、パワハラの実態を記録する必要があります。記録する時のポイントは、「いつ・どこで・誰が・何を・何のために」パワハラをしたのか残しておくことが大切です。

例えば、

  • 録音や録画
  • メールやLINEの文章
  • 同僚など周囲の人の証言
  • 医師による診断書

上記のようなものは、有力な証拠となります。

証拠を残しておくと、訴訟などの際有利に進めていけるということはもちろんのこと、会社が会社都合退職を認めなかった場合も、証拠があればハローワークで自己都合退職から会社都合退職に変更してもらえます。

サイト管理人
サイト管理人

有利に退職手続きや問題解決をするために、できる限り証拠は残しておきましょう。

退職はどのように進めるか?

退職するには、まず退職の意思を会社側に伝えなくてはなりません。会社にはそれぞれ就業規則があり、「離職する1ヶ月以上前に退職の申し出をすること」などと定められています。

サイト管理人
サイト管理人

ただし、これは絶対的なものではなく、正社員のような無期雇用の場合、法律上は退職日の2週間前までに申し出れば退職可能です。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

第627条① 項当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:e-GPV法令検索 | 民法

退職の申し出をする時提出する退職届には、退職理由を書くことになりますが、この時「一身上の都合」とは書かないように注意してください。

具体的には、以下のように記載します。

退職届

私事、このたび、パワハラに伴う心身疲労により、勝手ながら○○年〇月〇日をもちまして退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

○○年〇月〇日

所属 氏名 (印)

○○株式会社 代表取締役社長 ○○様

退職理由など、細かい点はご自分の状況に合わせて変更してみてください。

退職後に慰謝料の請求を考えている場合は、退職理由にパワハラが原因であることを明記しておくことをおすすめします。

退職後はなにをすべき?

パワハラで退職した後は、すぐに再就職するかどうかでも手続きの内容が異なります。

再就職する場合は、新しい会社で新たに健康保険や年金の加入手続きをしてくれますが、すぐに就職しない場合は、自分で健康保険や健康保険の手続きをしなくてはなりません。

健康保険

退職後は、これまで会社で加入していた健康保険が使えなくなるため、次の3つの方法で手続きを進める必要があります。

  • 国民健康保険に加入する
  • 家族の健康保険の被扶養者となる
  • 任意継続する

国民健康保険に加入する場合は、退職日の翌日から14日以内に住所のある市区町村役場の窓口で申請してください。

家族の健康保険の被扶養者となる場合は、家族の健康保険の被扶養者として加入したい場合は、家族の勤務先に問い合わせてみましょう。

在職時の健康保険に継続して加入する「任意継続健康保険」を利用することも可能です。任意継続する場合は、これまでの保険料の2倍になります。

国民健康保険と任意継続の保険料については、一概にどちらが安いとは言えないので、保険料がいくらくらいになるのか、役場の窓口で尋ねてみると良いでしょう。

年金

退職後すぐに再就職する場合は、新しい会社で手続きをしてくれます。すぐに仕事をしない場合も、国民年金への切り替えの手続きは特に必要ありません

もし、失業期間中に年金の納付が金銭的に厳しい場合は、保険料の猶予制度を利用することも可能です。

失業保険

これまで勤めていた会社で雇用保険に加入していて条件を満たしていれば、失業手当を受け取る権利があります。会社から離職票を受け取ったら、ハローワークで手続きしましょう。

万が一、会社が会社都合退職を認めてくれなかった場合は、ハローワークにパワハラの証拠を持参して自己都合退職から会社都合退職に切り替えることも可能です。

パワハラで早く辞めたいなら退職代行

パワハラで離職したい人の中には、「今すぐに会社を辞めたい」「早く転職して心機一転頑張りたい」と考える人も少なくないでしょう。

パワハラで早く辞めたい場合におすすめなのが、最近注目を集めている「退職代行サービス」の利用です。

サイト管理人
サイト管理人

退職代行を利用するメリットには、次のようなものがあります。

  • 自分で退職の申し出をする必要がない
  • パワハラ上司の顔を見ずに辞められる
  • 嫌な同僚とやりとりすることなく退職できる
  • 有給消化をしながら実質的な即日退職も可能
  • 残業代や退職金などを交渉請求してもらえる(弁護士か労働組合の提供するサービスのみ)
  • 損害賠償の対応(弁護士の提供するサービスのみ)

退職代行とは?

退職代行とは、その名の通り「依頼者の代わりに退職の手続き」をしてくれるサービスのこと。退職の申し出をする他に、業者によっては会社との交渉や転職相談をしてくれるところも存在します。

退職代行を利用すると、ほぼ全ての退職に関する手続きを代行しれくれるので、パワハラ上司と顔を合わせることなく離職することも可能です。

パワハラ上司と顔を合わせることなく辞められるなんて、それだけでお金を払う価値があります…!

サイト管理人
サイト管理人

そうですね。心の負担を軽くできるところも、退職代行を利用する大きなメリットだと言えます。

ブラック企業などでは、「上司が怖すぎて退職を切り出せない」「退職届を提出したのに拒否された」ということも少なくありません。そのようなツライ状況から抜け出したい人にとって退職代行は、救世主とも呼べる心強い存在です。

労働組合による退職代行

退職代行には大きく一般業者、労働組合、弁護士の3つの種類に分けられます。

退職代行の一般業者・労働組合・弁護士の違いを説明

上記の通り、有給消化や残業代の請求など会社と交渉したい場合は、弁護士か労働組合に依頼しなくてはなりません。

弁護士に依頼する場合は、退職の申し出から交渉、慰謝料の請求など全ての業務を任せることができますが、料金が高額な点がネックです。

慰謝料の請求や損害賠償の対応などは必要なく、少しでも費用を抑えて退職代行を利用したい場合は、コスパの良い労働組合のサービスを選ぶことをおすすめします。

退職代行ネクストユニオン

労働組合の退職代行で最もおすすめなのが、退職代行ネクストユニオンが提供する「男の退職代行」と「わたしNEXT」、そしてサブスクの退職代行「ヤメホー」です。

退職代行サービス特徴税込料金
男の退職代行男性に特化した退職代行サービス。 20~30代を中心に利用されています。26,800円
わたしネクスト女性専門の退職代行サービス。 女性の悩みに寄り添い退職をサポートしてくれます。29,800円
ヤメホー男の退職代行またはわたしネクストを1年間で 2回利用できるサブスクリプションプラン。3,300円(月額)

男の退職代行とわたしNEXTは、合同労働組合(ユニオン)が会社との手続きをしてくれるので、交渉力の高さはもちろんのこと、様々な魅力的なサービスを受けられます。

退職代行サービス名男の退職代行
利用料金26,800円
総合評価4.1
確実性5.0
サポート満足度3.8
スピード満足度3.8
料金満足度3.8

料金(社員)¥26,800料金(アルバイト)¥19,800
対応可能時間24時間対応
※有人対応は平日土日営業時間内
支払方法銀行振込
クレジットカード
コンビニ決済
ペイパル
楽天ペイ
キャリア決済
追加料金なし相談方法Line
メールフォーム
全額返金保証〇あり相談回数の制限無制限
弁護士による代行×なし
※弁護士監修はされている
労働組合による代行〇あり
転職・再就職支援〇あり
総合転職エージェントと提携。
転職祝金〇あり
最大5万円(条件有)
退職代行実績3,500件以上運営会社退職代行toNEXTユニオン(ネクストユニオン)

パワハラやセクハラなど、男性・女性それぞれ職場で抱える悩みがあると思いますが、そういった悩みにもしっかり寄り添いサポートしてくれるのも退職代行ネクストユニオンのサービスを利用する大きなメリットです。

サイト管理人
サイト管理人

男性なら「男の退職代行」、女性なら「わたしNEXT」をまずはおすすめします!次の職場も辞める可能性がある場合は、「ヤメホー」がおすすめです。

SARABA

退職代行SARABA

退職代行SARABAは、大手メディアでも取り上げられたことのある知名度の高い退職代行サービスです。

成功率98%の有給消化サポートが受けられるのも、退職代行SARABAの魅力のひとつ。24時間365日いつでも無料相談OKなので、スピード感ある対応が期待できます。

退職代行サービス名SARABA
利用料金25,000円
総合評価3.5
確実性4.0
サポート満足度3.5
スピード満足度3.6
料金満足度3.1

料金(社員)¥25,000料金(アルバイト)¥25,000
対応可能時間24時間対応※有人対応も含む支払方法銀行振込
クレジットカード
追加料金なし相談方法電話
Line
メールフォーム
全額返金保証〇あり相談回数の制限無制限
弁護士による代行×なし
※弁護士監修はされている
労働組合による代行〇あり
転職・再就職支援〇あり
※転職支援会社の紹介のみ
転職祝金×なし
退職代行実績6,500件以上運営会社株式会社スムリエ
(退職代行SARABAユニオン)

サイト管理人
サイト管理人

知名度があり、スピード感のある対応を求める人はSARABAをチェックしてみてください。

パワハラから解放された人の声

いざ会社を辞めるとなると、「本当に無事退職できるのかな…」と不安になることもあると思います。

そこで、SNSで見つけたパワハラから解放された人のリアルな声を紹介します。

事務職<br>20代女性
事務職
20代女性

こんなにたくさんの人がパワハラ退職を成功させているんですね!なんだか希望が湧いてきました。

サイト管理人
サイト管理人

はい。私たちには職業選択の自由が法律で認められていますし、無理にパワハラ職場に居続ける必要はないですよ。

よくある質問

最後にパワハラ退職に関する、よくある質問にお答えします。

パワハラがしんどすぎる。即日退職は可能?

サイト管理人
サイト管理人

有給を使えば実質的な即日退職は可能です。

民法に則って2週間前までに退職の意思を伝えて、有給消化をしながら退職日まで過ごせば、法律に反することなく辞められます。

慰謝料・損害賠償を請求することはできるのですか?

サイト管理人
サイト管理人

パワハラ被害により、精神疾患などを発症し働けない状態になった場合は、治療費として加害者や会社に対して慰謝料(損害賠償)を請求することも可能です。

パワハラの慰謝料の相場は、およそ50万円~100万円ほど。慰謝料を請求するには、弁護士への依頼が必要です。

労働基準監督署に相談するメリットはありますか

サイト管理人
サイト管理人

労基署では、専門の相談員に面談もしくは電話で相談できる他、助言・指導・あっせんを受けることができます。

会社を今後も続ける予定で、外部からの働きかけが欲しい人にとっては、メリットのある相談先だと言えるでしょう。

労災はおりますか?

サイト管理人
サイト管理人

パワハラが原因でうつ病など精神疾患にかかったら、労災認定してもらうこができます。申請をする際は、精神科や診療内科を受診して診断書を発行してもらいましょう。

労災認定をしてもらうには、次の3つの認定基準を満たしている必要があります。

  • 精神障害を発症している
  • 発症前概ね6ヶ月間に業務による強い心理的負荷が認められる
  • 職場以外の心理的負荷によって発病したものではない

診断書を受け取ったら、労働基準監督署に問い合わせてみてください。労災認定されれば、治療費の補償を受けられます。

パワハラ退職する時のまとめ

パワハラで退職する時は、証拠を残しておくことが大切です。「いつ・どこで・誰が・何を・何のために」行ったのか、ボイスレコーダーで録音するなどしっかり記録しておきましょう。

まだ会社に残りたい場合は、労働基準監督署に相談することで助言・指導・あっせんをしてくれる可能性があります。

今すぐにでも退職したいということであれば、退職のプロである退職代行サービスを利用するのがおすすめです。サービスによっては、会社との交渉ができたり、慰謝料の請求までしてもらえられるので、希望通りの退職を叶えられます。

ぜひ、今回の情報を参考にツライ職場とすっぱり縁を切り、次のステップに進みましょう。