退職代行を使われた会社や世間の反応を知っておこう!

退職代行のトラブル
この記事は約17分で読めます。
IT企業勤め<br>30代男性
IT企業勤め
30代男性

「退職代行で辞めたい..。でも、会社から引き止めや訴えられたりしないか心配です。」

サイト管理人
サイト管理人

では、退職代行を使われた会社の反応や行動を先に理解しておきましょう。今では退職代行で辞める人も増えてきています。なので、それに対する会社の反応もSNSなどで今では見ることができます。

この記事では、退職代行を使われた会社側の反応やリアルな声、円満に退職するコツを解説しています。

結論からいえば、退職代行を使ったからと言って大きなデメリットもありませんし、特に弁護士や労働組合にお願いすれば面倒なことも起こりません。

セクハラやパワハラなど何らかのハラスメントに悩んでいる、職場環境が悪く改善が難しいなど「今すぐ辞めたい」という切羽詰まった状態であれば、バックレるよりも退職代行を使った方がトラブルもなくて良いですよ。

【この記事が役立つ人】

・これから退職代行を使おうかと悩んでいる人
・退職代行を使いたいものの、会社や周囲の反応が気になる人

上記のような方には、この記事がお役に立てるはずです。ぜひ、最後までチェックしてみてください。

また、退職代行を使ってみた人の体験談も読んでおくと、成功パターンと失敗パターンを理解した上で退職代行を利用できます。

退職代行を使ってみた体験談!利用者10人の経験を踏まえた注意点も解説
退職代行を使う前に、実際に使ってみた結果、成功した人と失敗した人の声を確認しましょう。退職代行を利用する際の注意点を踏まえた上で、適切な退職代行会社を選べば問題なく退職できるはずです。

退職代行を使われた世間や会社の反応

退職代行を使ったとき気になるのが会社の人の反応ですよね。

どのような反応があったのか、リアルな声をチェックしていきましょう。

使われて「驚いた」「退職代行を初めて知った」

まず圧倒的に多かった反応は、「とにかく驚いた」「ショックだった」というものです。

退職代行は2017年頃から話題になり始めた新しいサービス。テレビや雑誌、ネットなどで特集が組まれるようになったとはいえ、まだ広く情報が浸透しているとは言えないようです。

特に多かったのは、退職代行というものがあることは知っていたけれど「まさか自分の会社で使われるとは」といった驚きの声でした。

サイト管理人
サイト管理人

ある日突然「退職代行」を名乗る人から電話やメールが来たら、驚くのも無理はないですね。

「退職代行を知らなかった」「本当にあったんだ」という驚きの声も多かったです。

まだまだ新しいサービスですから、これは仕方ありませんね。

退職代行を使われて「迷惑だ」

退職代行で辞めるということは、その日から出社しないということ。

残された上司や同僚などからすると、「迷惑だ、困る」と思ってしまうのも無理はありません。

迷惑をかけたくない気持ちはあるんですけどね…。

サイト管理人
サイト管理人

辞める時は誰しも大なり小なり迷惑をかけるもの。切羽詰まった状態であれば、まずは自分の身や心を守ることが先決でしょう。

退職代行使われて当然。ブラック企業だから。

退職代行を使われる企業はブラック企業が多いことから、SNS上では「使われるような会社だから仕方ない」「辞めて正解だと思う」という声も多く見られました。

「迷惑だ」と思う一方で、「こんな会社だから仕方ない」という気持ちで理解を示す会社の人は多そうですね。

過酷な労働を強いるブラックな会社に居続けても、心身が疲弊していくだけ。「ずっといるような会社じゃない」と思うのなら、少しでも早く決別すべきです。

退職代行を使われた会社側の対処法

退職代行を使われた企業の人事
退職代行を使われた企業の人事

退職代行を使われてしまいました。初めのことで分からず、どうしたらいいのでしょうか?

結論、退職代行を使われたら「退職を認める」しかありません。

なぜなら労働者は、法律で退職する自由が与えられているから。

日本国憲法 第二十二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

<引用元:電子政府の総合窓口 e-Gov>

このように法律で「職業選択の自由」が認められていますので「退職するなんて許さん!」というような、威圧的な態度をとるのは厳禁です。

また民法では、正社員(無期雇用労働者)の場合、退職の2週間前に伝えれば良いと規定されています。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

民法 第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

 期間によって報酬を定めた場合には、使用者からの解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。

<引用元:電子政府の総合窓口 e-Gov>

上記のように「2週間前」と決められているので、「即日退職」は原則できません。

ただし、有給休暇が2週間以上残っていれば、退職を申し出たその日から出社せず退職が可能になります。

会社の就業規則には、それぞれ「退職日までの1ヶ月以上前」など、退職の申し出期間が定められていると思いますが、法律的には2週間前であれば問題ありません

労働者には法で守られた「退職する権利」があるので、会社側は退職代行を使われたら、退職を認めるしかないのです。

 その①まずは代行業者を確認する

退職代行業者を名乗るものから連絡が来た場合、まずは代行業者の身元を確認しましょう。

退職代行業者を装った嫌がらせや詐欺の可能性もあり得るので、身元を調べない状態での対応は思わぬトラブルの元です。

また、その退職代行業者の弁護士資格の有無もチェックしておいてください。万が一、弁護士資格のないものが、交渉を行うと違法となります。

一般的な退職代行サービスは、「退職を伝える」「本人の代わりに連絡事項を伝える」と言ったメッセンジャー的な役割です。

「有給を消化したいと依頼者が希望している」「未払いの残業代を支払って欲しいと言っている」と、あくまで依頼者の要望を伝えるだけならOKですが、「残っている有給について話し合おう」「未払いの残業代を請求する」など、何かしらの”交渉”を持ちかけてきたとしたら、その業者は非弁行為(違法)を行う悪徳業者の可能性があります

交渉に応じる必要はありませんが、有給を消化させたり、働いた分の賃金を支払うのは、雇う側の義務なので、法律や会社の規定に則り適切な対応をしてください。

ただし、労働組合のサービスの場合は「団体交渉」が可能です。まずは、連絡してきた業者の実態を把握し、それに応じて対応しましょう。

 その②退職者本人の意思か確認をする

次に、依頼者の従業員の本人確認をします。何かしらの手違いで、退職代行から連絡がきた可能性も否めません。

本人が希望しないのに、第三者が嫌がらせなどの悪意で退職代行を使ったとしたら、大きなトラブルの元。

このような事態にならないためにも、免許証、保険証、社員証など身分証明書のコピーなどの提出を求め、必ず本人であることの確認を行うと良いでしょう。

 その③退職者本人が作成した退職届をもらう

本人からの依頼だと確認が取れたら、直筆の署名もしくは捺印のある退職届を提出するよう退職代行業者に依頼してみてください。会社指定のフォーマットがあれば、そちらで提出してもらうよう伝えておくと良いですね。

 その④退職の承認を行って終了

退職届を受け取ったら、必ず代行業者と本人に退職を承認した旨を伝えてください

退職代行の担当者からは、「本人に直接連絡を取らないように」と言われるかもしれませんが、法律で禁じられているわけではありませんので、トラブルを未然に防ぐために一言伝えておくと安心です。

メールやSMSなどで、本人に退職届を受領したと連絡しておけば、万が一本人による提出でなければ、何かしらの反応があるでしょう。

雇用契約を終了するには、会社側の承認が必要です。退職届を受け取り、内容に問題がなければ速やかに承認・連絡してください。

この時、退職届を受領した日付、退職承認日を明記し、データや書面を郵送で送るとトラブル防止になります。

退職代行を使われた会社側の注意点

法律と照らし合わせて「退職代行を使った従業員に対して、会社側がやってはいけないこと」をまとめてみました。

トラブルを防ぐためにも、必ずチェックしておいてください。

 注意点①退職を認めない

先にお伝えしたとおり、会社側が退職を希望する労働者を引き止めることはできません。本人が退職の意思を示しているのならば、会社側は認めるしかないのです。

退職を認めないとゴネても誰のためにもなりませんので、ここは素直に応じておきましょう。

 注意点②有給休暇を使わせない

「退職代行を使って辞めるなら、有給を使わせない!」と言いたくもなるかもしれませんが、有給消化は労働者の権利です。

労働基準法 第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

<引用元:電子政府の総合窓口 e-Gov>

退職を希望している労働者の有給が残っているのならば、有給消化を承認しましょう。

 注意点③退職代行サービスと連絡を取らない

退職代行と連絡を取り合わなければ、本人と連絡をとる手段を絶たれてしまい、退職に伴う手続きが困難になってしまいます。

どちらにせよ、本人が退職すると言うなら認めるしかありませんので、退職代行の担当者と連絡を取り合って、スムーズに退職手続きを進めた方が効率的です。

退職代行を使われても、引き継ぎは強制出来ない

退職代行を利用した従業員は、基本的に今後は一切「会社に出社しないもの」と考えておいてください。

「業務の引き継ぎをはどうする?」という点が気になると思いますが、業務の引き継ぎをしないで辞めることは、法律違反ではないので強制はできません。

しかし、今後の業務に大きな支障が出てしまっては困りますよね。

「引き継ぎ書をデータで作ってもらう」「在宅で良いのでオンラインで引き継ぎをしてもらう」など、出社しなくとも引き継ぎをする方法はあります。

泣く泣くあきらめる必要はありませんから、退職代行の担当者を通して従業員に相談してみましょう。退職代行利用時の引き継ぎに関する記事も参考にしてみてください。

退職代行を使われた人事は労働環境の見直しを!

退職代行を従業員に使われたということは、労働者と会社との信頼関係が構築されていなかったということ。

日頃から仕事の悩みを相談したり、上手くコミュニケーションが取れている職場であれば、退職代行を使うこともなかったでしょう。どんどん従業員が辞めていくような職場であれば、労働環境の改善は、必須事項だと言えます。

退職代行を使われたと言うことは、ブラック企業なのかもしれません。今後、同じようなことが起きないよう、この経験を活かし労働環境を見直してみてはいかがでしょうか?

【人事向け】退職代行を使う社員の理由や対象法は?
退職代行を使う人が増えていますが、「退職代行を使う理由を知りたい」という人も多いのではないでしょうか。この記事は、退職代行を使われた企業の人事担当の方に向けた記事です。退職代行を使う理由、退職代行を使われた際の対応方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。

退職代行を使うことに対する世間の声・口コミ

退職代行を使うことに対して、世間の人はどう思っているのかな…。

サイト管理人
サイト管理人

退職代行を使う際、会社の人や家族・友達など周囲の人からの反応は気になるものですよね。

ネット上では、次のような声があがっていました。

vqiさん

一つの選択肢としてあり

参考:Yahoo!知恵袋

araさん

辞めるのに許しを得る必要ないし、もう関わらない人達に何故そんなに気を使うのか。

とはいえ、自分で言えないなら代行使うのも良いと思います。

ちゃんとした会社を選んでね。

参考:Yahoo!知恵袋

テツヤさん

ひと昔前までは考えられない方法でしたが

時代も変わり取り巻く環境も大きく変わってきてます。

利用される事、問題無いと思いますよ。法的にも問題ない訳ですし。

利用される方も会社側にとっても十分納得できる形で決着出来れば問題ないと思いますよ。

参考:Yahoo!知恵袋

調査の結果としては、否定的な意見もありましたが、思っていた以上に退職代行を使う人の気持ちが「わかる」という声が多かったのが印象的でした。

世間の反応は賛否両論ありますが、新しいものに対して反対意見が出てくるのは、退職代行に限ったことではありません。

サイト管理人
サイト管理人

会社以外の人には自分から「退職代行を使った」と言わなければ、基本バレる心配もないですよ。

退職代行を使った人の意見・リアルな声

これまで退職代行を使われた会社の人、世間の人の反応・リアルな声を紹介してきましたが、実際にサービスを利用した人の感想も知っておきたいですよね。

退職代行に対して、実際の退職者がどのような感想を持ったのか見ていきましょう。

退職代行を使った人をネット・SNSで検索してみたところ、「使って良かった」という意見がたくさん出てきました。

中には「会社の人から引き止めにあった」「家に来た」という意見もありましたが、そういった強引なケースは少ないですね。

なぜなら、強引な引き止め(強制在職)は違法だからです。

労働基準法第5条では、従業員を強制的に働かせることを禁じています。

(強制労働の禁止)

第五条 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

(参考:e-GOV法令検索)

このように法律で定められていますから、会社の人の言うことに従う必要はありません。

もし会社の人から連絡が来た場合は、退職代行の人に伝えて対応してもらえば大丈夫です。

サイト管理人
サイト管理人

冒頭でお伝えしたとおり、働く人には職業選択の自由・退職の自由がありますから、会社は必ず辞められます。

退職代行を使った後のことが気になる方は、下記の記事が参考になるかと思うので参考にしてみてください。

退職代行で辞める際に気をつけたいこと

できることなら退職代行を使う場合も、トラブルなく会社を辞めたいですよね。

そのためには、下記のようなポイントを押さえておくことが大切です。

  • 有給の残日数をチェックしておく
  • すぐに引き継げる状態にしておく
  • 会社から借りていたものをまとめて置いておく
  • 信頼できる退職代行を選ぶ

円満に退職したい人は、ぜひチェックしておいてください。

有給の残日数をチェックしておく

退職代行を利用すれば、「即日退職」も叶えられます。

そのために必要なのは、「2週間分の有給」です。有給消化しながら退職日まで過ごせれば、もちろん出社する必要もないですし、休んでいてもちゃんとお給料を受け取れます。

この方法で実質的な「即日退職」が叶えられるというわけです。

有給が残っていないのですが、どうしたら良いですか?

サイト管理人
サイト管理人

有給が残っていない場合は、連絡を入れて「欠勤扱い」にしてもらえばOKです。

欠勤の場合は、その日数分のお給料はカットされます。そして、企業によっては退職金に影響が出る可能性も。

しかし、連絡せず「無断欠勤」してしまうと、責任を放棄したとみなされ、解雇や最悪損害賠償を請求されるリスクも出てくるため要注意です。

上記のような事態を避けるためにも、必ず退職代行の担当者にお願いして「有給もしくは欠勤」で処理してもらうようにしてください。

すぐに引き継げる状態にしておく

トラブルなく辞めるために大切なことは、あなたが辞めた後も「業務が支障なく回るようにしておくこと」です。

例えば、

  • 担当業務をリストアップしておく
  • 引き継ぎ書を作っておく
  • PCに業務についてデータを作っておく
  • メモを残しておく

など、余裕を持って次の人がすぐに引き継げるよう準備しておきましょう。

サイト管理人
サイト管理人

完璧な引継ぎは難しいかもしれませんが、業務を引き継いでくれる人のためにも最低限わかるようにはしておきたいですね。

会社から借りていたものをまとめて置いておく

退職時には、会社に返却しなければならないものがあります。

具体的には、

【会社に返却するもの】

・健康保険証
・社員証
・入管証
・制服
・ボールペンなどの筆記用具

借りているものは全て返却します。退職前日に全てまとめて自分の席のあったところなど、分かりやすいところにまとめておくと良いですね。

最終日に着ていた制服は、クリーニングに出して後日郵送でOKです。

【会社から受け取るもの】

・雇用保険被保険者証(★)
・年金手帳(★)
・離職票(後日郵送されてきます)

(★)会社に預けている場合

離職票は失業保険を受ける際必要な書類なので、必ず送ってもらうようにしてください。

すぐに就職して失業保険を受給しない場合も、万が一に備えて保管しておくことをおすすめします。

もし離職票が送られて来ない場合は、管轄のハローワークに連絡しましょう。

信頼できる退職代行を選ぶ

退職代行を使って辞める際、非常に重要なのが「信頼できる退職代行を選ぶこと」です。

退職代行は年々数が増えていて、今は100を超えるサービスが存在します。

メジャーどころの退職代行であれば、違法性のない安心して使えるサービスを提供しているところがほとんどです。

しかし新規参入業者の中には「10,000円で退職代行します」と言いながら、追加料金が必要でトータルで50,000円以上も費用がかかってしまったり、非弁行為を犯してしまうことも。

このようなトラブルを避けるためにも、必ず信頼できる退職代行を選ぶようにしましょう。

まず、退職代行には3つの種類があり、対応できる業務の範囲が異なるので、目的に応じて選ぶ必要があります。


退職の申し出(申請)会社との交渉裁判の対応特徴
一般業社××交渉や裁判の対応は不可。
弁護士・全ての退職に関する対応が可能
・料金は相場より高め
労働組合×交渉OK。 リーズナブル。

退職代行を選ぶときは、

  • どのようなサービスを受けたいのか

(有給について交渉したい、残業代を請求したい、転職サポートを受けたい、後払いしたいなど)

  • どのくらいの予算がかけられるのか

あらかじめ、自分の状況に合わせ、上記のようなことは決めておくとサービスを選ぶ際の失敗が避けられます。

サイト管理人
サイト管理人

たくさんありすぎてどこを選べば良いかわからないという人は、次の項目でおすすめの退職代行サービスをご紹介しますので、検討してみてください。

おすすめ退職代行は「男の退職代行」

最後に「トラブルなく会社を退職したい」「確実に辞めたい」という人におすすめの退職代行サービスをご紹介します。

当サイトおすすめの退職代行サービスは「男の退職代行」です。

男の退職代行トップページ

男の退職代行のおすすめポイント

  • 即日退職も可能
  • 全額返金保証あり
  • 完全無料の転職サポート付き
  • 就職が決まれば最大5万円のお祝い金あり
  • 安心の創業16年

男の退職代行は、業界では珍しい男性に特化したサービス。そのため、「家族に話しづらい」「職場の同僚にも相談できない」といった男性の悩みに寄り添いサポートしてくれます。

労働組合だから有給消化や退職日調整などの交渉もOK。後払いもできるので、金欠時でも「今すぐに」利用可能です。

料金も正社員で26,800円と相場よりリーズナブル。交渉もできて料金が安いという、コスパの良さも男の退職代行の大きな魅力だと言えるでしょう。

また男の退職代行は、退職後すぐに「次へ」進める転職サポート付き。転職によって収入UPも目指せます。

退職代行サービス名男の退職代行
利用料金26,800円
総合評価4.1
確実性5.0
サポート満足度3.8
スピード満足度3.8
料金満足度3.8

料金(社員)¥26,800料金(アルバイト)¥19,800
対応可能時間24時間対応
※有人対応は平日土日営業時間内
支払方法銀行振込
クレジットカード
コンビニ決済
ペイパル
楽天ペイ
キャリア決済
追加料金なし相談方法Line
メールフォーム
全額返金保証〇あり相談回数の制限無制限
弁護士による代行×なし
※弁護士監修はされている
労働組合による代行〇あり
転職・再就職支援〇あり
総合転職エージェントと提携。
転職祝金〇あり
最大5万円(条件有)
退職代行実績3,500件以上運営会社退職代行toNEXTユニオン(ネクストユニオン)

男の退職代行は男性向けのサービスですが、女性の方は同じ会社が運営する「わたしNEXT」を同じ条件で利用できます。

【まとめ】退職代行の利用は問題なし!すっぱり辞めて新しい人生を歩もう

退職代行を使って辞めることに、不安や罪悪感を持つ人も少なくないかもしれません。

ですが、ふつうに退職届を出してすんなり受け入れてくれるような会社であれば、わざわざお金を払って退職代行を使わなくても良いはずなのです。

無理にイヤな会社に居続けても、時間のムダ。数万円のお金を支払ってでもすっぱりと辞めた方が今後の人生のためです。

会社や世間の反応を気にするより、自分のこれからのために一歩踏み出しましょう。