パワハラ上司への仕返する方法を教えます!しっかり後悔してもらいましょう。

退職代行の基礎知識
この記事は約14分で読めます。

これまでパワハラ上司からひどい目にあってきた人の中には、「きっちり仕返しして後悔させたい」と思う人もいるのではないでしょうか?

これまで上司からのパワハラで辛い思いをしてきたのに、泣き寝入りするのは納得できませんよね。

そこでこの記事では、パワハラ上司がこれまでの行いを後悔する効果的な仕返し方法をご紹介します。

サイト管理人
サイト管理人

そのまま会社に残りたい場合と、退職する場合に分けて解説しますので、ご自分の状況に合わせて最適な方法を見つけてみてください。

  1. パワハラ上司になりやすい性格や特徴
    1. ストレスを溜め込んでいる
    2. 自己中心的
    3. 完璧主義・神経質
    4. 小心者でコンプレックスが強い
    5. 責任感がない
  2. そもそもパワハラの定義は?
    1. パワハラの具体例
      1. 身体的な攻撃(暴行・傷害)
      2. 精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
      3. 人間関係からの切り離し(仲間外し・無視・隔離)
      4. 過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
      5. 過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
      6. 個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
  3. 仕返しを成功させるために「証拠」をしっかり残しておこう!
      1. 有力な証拠となるもの
  4. パワハラ上司への仕返し方法(会社に残る場合)
    1. 上司の上司から注意してもらう
    2. 会社の相談窓口に相談する
    3. めんどくさい部下になる
  5. パワハラ上司への仕返し方法(退職する場合)
    1. 一斉退職をする
    2. パワハラの実態を暴露する
    3. 労働基準監督署に報告する
    4. 慰謝料を請求する
  6. 危険!間違った仕返し事例
    1. 証拠がない状態でパワハラ被害を訴える
    2. 怒りに任せて暴力で仕返しをする
    3. 個人情報を暴露したり、誹謗中傷をする
  7. パワハラで仕返しをするなら、退職代行で即日退職がおすすめ!
    1. おすすめは『退職代行ネクストユニオン」の退職代行サービス
  8. まとめ

パワハラ上司になりやすい性格や特徴

IT企業勤務<br>30代男性
IT企業勤務
30代男性

パワハラ上司には、性格的な特徴はあるのかな?

サイト管理人
サイト管理人

パワハラをする人には、性格的な特徴や環境的要因もあると考えられます。まずはどのような人がパワハラ上司になりやすいのか、見ていきましょう。

ストレスを溜め込んでいる

パワハラ上司には、過度のストレスを抱えている人も多いもの。その内面のイライラを、部下など周囲の人にぶつけてしまうのです。

  • いつもイライラしている
  • 負のオーラを醸し出している
  • 近寄りがたい雰囲気が漂っている

こんな上司は、ストレスを溜め込んでしまっている可能性大です。

サイト管理人
サイト管理人

自分のストレスを部下にぶつけてくるなんて迷惑な話ですね。ただ、過度なストレスは、パワハラ行為をする大きな原因だと言えます。

自己中心的

「自分が一番正しい」と思っているようなワンマンタイプは、パワハラ上司になりやすい傾向があります。

なんでも自分の思い通りにしないと気が済まない性格のため、自分の思うように動かない部下や、自分とは違う意見は受け入れられず攻撃します。

完璧主義・神経質

完璧主義だったり神経質な上司も、部下の仕事内容に対して厳しくなり、何かにつけ文句をつけてくることがあります。

自分の求めるスピード感やクオリティを当たり前のように部下に要求してくるので、わずかな遅れやミスが許せません

小心者でコンプレックスが強い

意外だと思われるかもしれませんが、気が小さくコンプレックスが強い人もパワハラをしやすい傾向があります。

相手を抑圧するようなことをする人ほど、実は臆病者ものであるケースが多いもの。

自分が能力や仕事など何かしらのコンプレックスを抱えており、自分を強く見せようとした結果、弱い立場の人に高圧的な態度を取ってしまうのです。

責任感がない

「失敗したのは部下のせい」「指示通りにしなかったからだ」など、他責思考の上司もパワハラしやすい傾向があります。

自分は悪くない、部下が無能だから悪いなどと無責任に部下を責め立てるため、周りからの信用がないのが特徴です。

このタイプは、ミスや都合の悪いことは他人のせいにするのに、部下の手柄は「自分の指導のおかげ」などと横取りをしたりします。

IT企業勤務<br>30代男性
IT企業勤務
30代男性

パワハラ上司にも、色々なタイプの人がいるんですね。

サイト管理人
サイト管理人

そうですね。どのタイプも困った上司であることには、変わりありませんが…。

そもそもパワハラの定義は?

パワハラとは、「同じ職場内で職務上の地位や人間関係などの優位性を利用し、業務の適性な範囲を超えて身体的・精神的な苦痛や就業環境を悪化させる行為」のこと。

上司から部下に行われるものというイメージが強いですが、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対してなど、様々な優位性を背景に行われるものもパワハラに含まれます。

パワハラの具体例

パワハラは、大きく分けると次の6つに分類されます。

  1. 身体的な攻撃
  2. 精神的な攻撃
  3. 人間関係からの切り離し
  4. 過大な要求
  5. 過小な要求
  6. 個の侵害

身体的な攻撃(暴行・傷害)

「身体的な攻撃」とは、体に危害を加えることを意味します。

【身体的な攻撃の例】

  • 部下への指導の際、相手を叩いたり殴ったりする
  • ミスが絶えない後輩に物を投げつける
  • わざとぶつかったり蹴ったりする
サイト管理人
サイト管理人

このように殴ったり蹴るなど相手の体に危害を加える行為や、物を投げつける行為は「身体的な攻撃」と見なされます。

精神的な攻撃(脅迫・暴言等)

「精神的な攻撃」とは、侮辱、ひどい暴言、脅迫や名誉毀損など精神的な危害を加える行為を指します。

【精神的な攻撃の例】

  • 部署全員の目の前で、侮辱的な暴言を吐かれる
  • 何かにつけ「無能だ」「給料泥棒」などと言われる
  • ミスをする度に人格を否定するような言葉を浴びせられる
サイト管理人
サイト管理人

精神的な攻撃は、直接的な言葉だけでなく、メールやLINE、SNSなどによる攻撃も含まれます。

人間関係からの切り離し(仲間外し・無視・隔離)

「人間関係からの切り離し」とは、意図的に仲間外れにしたり、無視や隔離をするケースです。

【人間関係からの切り離しの例】

  • 回覧物など全員に共有されるべき情報が自分にだけ回ってこない
  • 全員参加のイベントに1人だけ呼ばれない
  • 上司から完全無視される
サイト管理人
サイト管理人

人間関係からの切り離しは、パワハラだと思われないことも多いですが、意図的に仲間から外したり無視する行為は立派なパワハラです。

過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)

過大な要求」とは、明らかに業務上1人では遂行不可能なことを強制すること。ノルマなどを達成できない場合、物を投げつける、暴言を吐くなど他のタイプのパワハラを併発するケースが多いのが特徴です。

【過大な要求の例】

  • 明らかに時間内に片付けられない量の業務を与え「終わるまで帰るな」と命じる
  • 過度な業務を割り振り、残業や休日出勤を強要する
  • 他の従業員に割り振るはずの業務を、1人に押し付ける
サイト管理人
サイト管理人

このようなことを要求された場合は、過大な要求と判断されます。

過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)

「過小な要求」とは、本人の能力や経験、許容範囲をかけ離れた低いレベルの仕事を与えたり与えなかったりする行為です。

【過小な要求の例】

  • 全く仕事を与えてもらえず、ただ時間が過ぎるのを待っている
  • 経験と相応しくない単純作業だけを命じられた
  • 営業職で採用されたのに、誰でもできる雑務しか与えられない
サイト管理人
サイト管理人

過大な要求や過小の場合は上司がうっかり支持している可能性もありますので、不当だと感じたら遠慮せず率直な意見を伝えましょう。

個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

「個の侵害」とは、従業員個人のプライベートに踏み込んだ発言をすることです。

例えば、

  • 恋人の有無など個人的な情報を執拗に聞き出そうとする
  • 就業時間外に業務と無関係なLINEを頻繁に送ってくる
  • 休日開催の会社の行事への参加を強要する
サイト管理人
サイト管理人

上司といえども業務上の関係であり、プライベートにまで立ち入ることは許されません。プライベートに踏み込んだ言動は、被害者の心を疲弊させるパワハラの一種です。

仕返しを成功させるために「証拠」をしっかり残しておこう!

パワハラ上司への仕返しをして「ぎゃふん」と言わせるには、その実態を証拠として残しておくことが大切です。

「パワハラ被害を受けている」といっても証拠がないと、自分が嘘をついていると上司に言われてしまい不利な状況に追い込まれてしまうかもしれません。

サイト管理人
サイト管理人

会社に残る場合も、退職する場合も必ず証拠は残しておきましょう。

IT企業勤務<br>30代男性
IT企業勤務
30代男性

どのようなものが証拠になりますか?

有力な証拠となるもの

パワハラの有力な証拠となるものには、以下のようなものがあります。

・ボイスレコーダーやスマホで録音する
・写真や動画を撮影しておく
・医師に診断書を書いてもらう
・日記をつける
・メールやLINEでのやりとりを保管しておく
・SNSの発信をスクリーンショットで残しておく
サイト管理人
サイト管理人

最もおすすめなのが、パワハラの現場を録音しておく方法です。今はスマホでも録音できるので、こっそり上司の暴言や暴力の前後の状況が把握できる音声を残しておきましょう。

医師による診断書は、労災認定をしてもらう際に必要な書類でもあり、パワハラで受けた被害を証明するのに効果的です。

その他の方法も有力な証拠となりますので、できるだけ証拠はたくさん残しておいてくださいね。

パワハラ上司への仕返し方法(会社に残る場合)

パワハラ上司への仕返し方法は、「会社に残る場合」と「パワハラ退職する」場合で異なります。

まずは、会社に残る場合におすすめの仕返し方法を見ていきましょう。

・上司の上司から注意してもらう
・会社の相談窓口に相談する
・仲間を増やす
・めんどくさい部下になる

ひとつずつ解説していきます。

上司の上司から注意してもらう

ある程度パワハラの証拠をつかんだら、上司の上司に相談しましょう。係長からパワハラを受けているなら、課長や部長などに報告するといった具合です。

サイト管理人
サイト管理人

上司も自分の社内での評価が落ちるのは避けたいでしょうから、行動を改めてくれる可能性があります。

会社の相談窓口に相談する

2020年6月にパワハラ防止法が施行されたことを受け、企業に対してパワハラ対策のための相談窓口の設置が義務付けられました。すでに大企業は義務化されており、中小企業も2022年4月1日には、大企業と同様に義務化が適用されます。

社内に相談窓口があるところも増えていると思いますので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

サイト管理人
サイト管理人

証拠を持参し「パワハラ上司の元でこれ以上働くと、心身に不調をきたし業務を遂行できなくなりそうです」などと相談してみると、上司に指導をしたり異動させるなど、何らかの対応をしてくれるはずです。

めんどくさい部下になる

パワハラを受けている人は、歯向かうことが少なく当たりやすい相手であることが多いのが事実。めんどくさい部下になって「関わりあいたくない」と思われれば、こちらの勝ちです。

サイト管理人
サイト管理人

「ちゃんとやらなければ」と相手に気に入られようと頑張るよりも、良い人を辞めてパワハラ上司から嫌われてしまいましょう。

パワハラ上司への仕返し方法(退職する場合)

次に、退職する場合のパワハラ上司への仕返し方法をご紹介します。

・一斉退職をする
・パワハラの実態を暴露する
・労働基準監督署に報告する
・慰謝料を請求する

それぞれ具体的に見ていきましょう。

一斉退職をする

パワハラを受けている仲間が多いのなら、退職日を予め相談し合って一斉退職するのも効果的な仕返し方法です。一斉に従業員が辞めるとなると、パワハラ上司に大きなダメージを与えられます

サイト管理人
サイト管理人

仲間同士で相談し合うだけでも心強いものですから、仲間はできるだけ作っておきたいですね。

パワハラの実態を暴露する

社内で暴露するなら、人事や社内の相談窓口にパワハラの証拠を持ち込むと良いでしょう。

ネット上の掲示板などでパワハラ上司の悪評を広めることもできますが、こちらは名誉毀損として訴えられるリスクがあるため避けておきましょう。

サイト管理人
サイト管理人

社外に暴露するなら、次に紹介する労働基準監督署など公共の相談窓口や、弁護士に相談するのがおすすめです。

労働基準監督署に報告する

労働基準監督署(労基署)とは、企業が労働基準法など関係法令を遵守しているかを監督する機関のこと。厚生労働省の出先機関として全国に配置されています。

労基署に報告をすると企業に対して立ち入り調査が行われ、パワハラの事実が確認できれば、指導や是正勧告が行われます。

サイト管理人
サイト管理人

労基署の調査によってパワハラの事実が認められ、指導や是正勧告が行われるとなると、当然パワハラ加害者の上司の評価は下がることになるでしょう。

慰謝料を請求する

パワハラが原因でうつ病や適応障害など、心身のバランスを崩すほどの精神的な苦痛を受けた場合は、損害賠償を請求することも可能です。

慰謝料を請求するとなると、弁護士に依頼する必要がありますが、パワハラが認められれば慰謝料を受け取れるだけでなく、パワハラ上司の評判を落とすことができます。

サイト管理人
サイト管理人

これまで受けてきた仕打ちは、きっちり返してから会社を去りましょう。

危険!間違った仕返し事例

パワハラ上司への仕返しは、必ずしも成功する訳ではありません。失敗してしまうと自分身を危険にさらしてしまうことになりますので、注意が必要です。

・証拠がない状態でパワハラ被害を訴える
・怒りに任せて暴力で仕返しをする
・個人情報を暴露したり、誹謗中傷をする

上記の方法は、危険なので避けておきましょう。

証拠がない状態でパワハラ被害を訴える

パワハラで仕返しをするなら、必ず証拠を押さえてから行いましょう。

証拠がない状態でパワハラ被害を訴えたとしても、信じてもらないばかりか社内で「危険人物」というレッテルを貼られ、社内での立場が悪くなる可能性があります。

退職する予定であっても、証拠がないと労基署に相談するにしても、慰謝料を請求するにしてもパワハラを認められません。

サイト管理人
サイト管理人

パワハラ被害に遭っている時は、少しでもたくさんの証拠を残して自分の身を守りながら仕返ししましょう。

怒りに任せて暴力で仕返しをする

暴言を吐かれたり、暴力を振るわれたりすると、カッとなって暴力や暴言でやり返したいと思ってしまいますが、このような仕返し方法はNGです。

サイト管理人
サイト管理人

暴力は傷害罪、暴言は脅迫罪と立派な犯罪行為となります。

個人情報を暴露したり、誹謗中傷をする

SNSやネット上でパワハラ上司の実態を流したり、誹謗中傷しようかと考える人もいるでしょう。

個人情報を暴露して、上司の悪評を広めたい気持ちも分かりますが個人情報の取り扱いには注意が必要です。

サイト管理人
サイト管理人

この方法は炎上リスクがありますし、度が過ぎると名誉毀損として訴えられる可能性もあります。

パワハラで仕返しをするなら、退職代行で即日退職がおすすめ!

パワハラで仕返しをする方法はいくつかありますが、退職を考えているなら退職代行サービスの利用が大変おすすめです。

退職代行を利用すると、即日退職ができます。つまり「いきなり辞める」という仕返しができるということ。

労働組合や弁護士のサービスを選べば、未払いの残業代もきっちり請求できますし、有給をMAX使って辞めることも可能です。

退職代行を利用するメリットは、

・即日退職が可能
・パワハラ上司と顔を合わせず辞められる
・自分で会社の人と退職の手続きをする必要がない
・退職日までの気まずい空気に耐えずに済む
・有給消化や未払い賃金の請求が可能(サービスによる)

なので、退職に関する様々な悩みを一挙に解決することができます。

サイト管理人
サイト管理人

いきなりの退職でパワハラ上司に仕返しをしたいなら、退職代行を利用するのが最も確実でおすすめですね。

おすすめは『退職代行ネクストユニオン」の退職代行サービス

最もおすすめな退職代行サービスは、退職代行ネクストユニオンが提供する「男の退職代行」と「わたしNEXT」、サブスクの退職代行「ヤメホー」です。

退職代行サービス特徴税込料金
男の退職代行男性に特化した退職代行サービス。 20~30代を中心に利用されています。26,800円
わたしネクスト女性専門の退職代行サービス。 女性の悩みに寄り添い退職をサポートしてくれます。29,800円
ヤメホー男の退職代行またはわたしネクストを1年間で 2回利用できるサブスクリプションプラン。3,300円(月額)

男の退職代行わたしNEXTは、合同労働組合(ユニオン)が会社との手続きをしてくれるので、有給消化や残業代や退職金の請求などの交渉もOK

サービス開始からこれまで退職率100%ということで、確実に辞めさせてくれる安心感もあります。

パワハラやセクハラなど、男性・女性それぞれ職場で抱える悩みがあると思いますが、男性専用、女性専用であれば悩みを相談しやすいのもメリットの嬉しいポイント。悩みをしっかり理解した上で、適切なサポートをしてくれます。

後払いも可能なので、「辞めたい」と思ったタイミングで今すぐに利用できます。

退職代行サービス名男の退職代行
利用料金26,800円
総合評価4.1
確実性5.0
サポート満足度3.8
スピード満足度3.8
料金満足度3.8

料金(社員)¥26,800料金(アルバイト)¥19,800
対応可能時間24時間対応
※有人対応は平日土日営業時間内
支払方法銀行振込
クレジットカード
コンビニ決済
ペイパル
楽天ペイ
キャリア決済
追加料金なし相談方法Line
メールフォーム
全額返金保証〇あり相談回数の制限無制限
弁護士による代行×なし
※弁護士監修はされている
労働組合による代行〇あり
転職・再就職支援〇あり
総合転職エージェントと提携。
転職祝金〇あり
最大5万円(条件有)
退職代行実績3,500件以上運営会社退職代行toNEXTユニオン(ネクストユニオン)

サイト管理人
サイト管理人

男性は「男の退職代行」、女性は「わたしNEXT」をまずはチェックしておきましょう。次の職場も辞める可能性がある場合はサブスク型の退職代行「ヤメホー」がおすすめです。

女性

退職代行サービス名わたしNEXT
利用料金29,800円
総合評価3.4
確実性4.0
サポート満足度3.2
スピード満足度3.1
料金満足度3.1

料金(社員)29,800円料金(アルバイト)19,800円
対応可能時間24時間対応
※有人対応は平日土日営業時間内
支払方法 ・銀行振込
・クレジットカード
・コンビニ決済
・ペイパル
・楽天ペイ
・キャリア決済
追加料金なし相談方法 ・Line
・メールフォーム
全額返金保証〇あり相談回数の制限無制限
弁護士による代行×なし
※弁護士監修はされている
労働組合による代行〇あり
転職・再就職支援〇あり
総合転職エージェントと提携。
転職祝金〇あり
最大5万円(条件有)
退職代行実績2,000件以上運営会社退職代行toNEXTユニオン(ネクストユニオン)

まとめ

パワハラ上司への仕返しをする際、会社に残りたい場合は「上司の上司から注意してもらう」「会社の相談窓口に相談する」「仲間を増やす」「めんどくさい部下になる」という方法が有効です。

退職するなら、「一斉退職をする」「パワハラの実態を暴露する」「労働基準監督署に報告する」「慰謝料を請求する」という方法があります。

今すぐに退職したいという場合は、退職代行サービスの利用がおすすめです。自ら退職手続きをする必要がないので、怖い上司と顔を合わせることもありません。

「即日で辞めたい」「ストレスなく辞めたい」人は、退職代行でパワハラ職場をすっぱり辞めましょう!